バーニャ・カウダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーニャ・カウダのディップと野菜
バーニャ・カウダ専用のポット。下の空洞部にろうそく固形燃料をセットし、上部にソースを注いで熱する。

バーニャ・カウダピエモンテ語:Bagna càuda)はイタリアピエモンテ州を代表する野菜料理である。ピエモンテ語で「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」を意味する[1]

テーブルの上でアンチョビニンニクオリーブ・オイルを混ぜ合わせたディップソース[* 1]を温め、ジャガイモカブセロリカリフラワーなどの野菜[* 2]を浸して食べる[1]フォンデュに類似した料理である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ バター生クリームを加えることもある(『イタリア料理教本. 上』p.208)。
  2. ^ ピエモンテではペペローニ(パプリカ)・トピナンブール(キクイモ)・カルド(イタリアの野菜)が必須とされる(『イタリア料理教本. 上』p.208)。

出典[編集]

  1. ^ a b 『イタリア料理教本. 上』p.208

参考文献[編集]