ラムソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラムソン
Ramsons 700.jpg
ラムソン
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
亜綱 : ユリ亜綱 Liliidae
: ユリ目 Liliales
: ユリ科 Liliaceae
: ネギ属 Allium
: ラムソン A. ursinum
学名
Allium ursinum
L., 1753
和名
ラムソン
英名
Ramsons

ラムソン: ramsons)は、野生のチャイブの近縁種である。学名はAllium ursinumで、ヒグマがこの球根を食べるためにイノシシのように土を掘るところから名づけられた。buckrams、wild garlic、broad-leaved garlic、wood garlic、bear's garlicなどの呼称がある。

ラムソンは主に酸性土壌の沼地のような落葉樹林で成育する。木が葉をつける前に花を咲かせ、辺りに強い匂いを撒き散らす。茎の断面は三角形で、葉はスズランに似ている。ギョウジャニンニクノビルと異なり、小球根はない。

葉は生のままサラダで、あるいは茹でたりペーストにしたりして食用に供される。また飼料としても使われる。ラムソンを与えられた乳牛はわずかにニンニクの香りのする牛乳を生産し、この牛乳で作ったバターは19世紀のスイスでとても人気であった。

人類が初めてラムソンを使った証拠は中石器時代デンマークにまで遡り、ここではこの葉の重要性が見出されていた。新石器時代のスイスでは遺跡から高い密度のラムソンの花粉が見つかっている。これはラムソンを飼料として使っていた証拠だと考えられている。

ラムソンは現代でも再びドイツ料理の重要な食材となっている。エーベルバッハの町では毎年3月と4月にラムソン市を開催している。