観音ネギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

観音ネギ(かんおんねぎ)とは、広島市西区観音地区で栽培されているネギの品種である。「かんんネギ」ではない[要出典]

特徴[編集]

観音ネギは2~7月に播種し、6~1月にかけて収穫する。収穫時には80センチ程度の草丈となり、普通の葉ねぎより白色の部分がやや多い。非常に柔らかく、特有の香りや風味がある。

明治中期に九条ネギの種を広島に持ち帰り、良質で分けつが多く、耐寒、耐病性の高い株を選抜し観音ネギとした。系統維持のための品種改良や栽培方法の改善をかさねて現在に至る。採種・選抜は各々の農家が行うため、栽培者ごとに若干の特性差があるといわれる。

用途[編集]

すき焼きや、鍋物によく合う。また、お好み焼きやネギ焼によくあい、どっちの料理ショーでたびたび登場した。

参考文献[編集]

タキイ種苗(株)出版部 編 『都道府県別 地方野菜大全』 (2版) 農山漁村文化協会、2003年ISBN 9784540021567