谷田部ネギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

谷田部ネギ(やたべねぎ)は、福井県小浜市谷田部で栽培されるである。

特徴[編集]

京都の九条葱に似ているため、京都から伝播してきたという説が一般的である。分けつ性の葉ネギで、2~3本に分けつする。白根部分が長く、釣り針状に曲がっている特徴があるが、この形状は品種の特性ではなく、栽培方法によって発生する。多くは秋に播種し春に定植する[1]

一般的な葱よりも甘みが強く、柔らかい。冬場に降る雪によって甘みが増すと言われている。小浜市谷田部地区の地質がいいとされ、他の土地ではこのような甘みは出ないと言われている。

2007年にスローフードより「味の箱舟」認定を受けた。

出典[編集]

参考文献[編集]

タキイ種苗(株)出版部 編 『都道府県別 地方野菜大全』 農山漁村文化協会、2003年ISBN 9784540021567