徳田ねぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

徳田ねぎ(とくだねぎ)はネギの一品種。岐阜県羽島郡岐南町の特産品である。

産地[編集]

主に岐南町西部(上印食、徳田)での栽培が盛んである。

歴史[編集]

江戸時代後期、美濃国羽栗郡徳田村(現、岐南町)木曽川の洪水などの影響を受け、砂が多く含まれた土であった。この土に合う作物として、尾張国海西郡(現愛知県海部郡弥富市)で栽培されていたネギを入手し、栽培したのが始まりという。昭和初期、羽島郡八剣村(現、岐南町)が、農家に徳田ねぎの栽培を推奨したことにより広まったという[1]

2002年(平成14年)、岐阜県より、飛騨・美濃伝統野菜に認定される。

特徴[編集]

  • 一般的に、ねぎは、地中の白い根の部分を食べる白ねぎ下仁田ねぎなど)、緑の葉を食べる青ねぎ九条葱万能葱など)に大別される。徳田ねぎは両者の中間型であり、白根、葉をどちらも食用可能である。
  • 白ねぎ、青ねぎの両者の特徴がある為、薬味、すき焼きなど様々な利用方法がある。赤味噌との相性が良いと言われ、この地域は焼いたり煮たりした徳田ねぎを、出汁などで溶いた八丁味噌を付けるといった食べ方がある。
  • 主な出荷地は、岐阜県、愛知県。
  • 種子は伝統的に自家採種である。9月に播種。翌年4月頃に苗を移植し、7月頃に本畑に植えかえる。11月頃から翌年3月に収穫する。
  • 畝を高くしての栽培が多い。途中数回土寄せをする。

文化[編集]

2006年(平成18年)、岐南町が町制50周年を記念して誕生した、町のキャラクターねぎっちょ」は、徳田ねぎをデザインしたキャラクターである。

また同町では2007年の夏祭りに「N-1グランプリ」という徳田ねぎを使った創作料理コンテストが行なわれた。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]