芳香化合物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

芳香化合物(ほうこうかごうぶつ、Aroma compound)または着臭剤(odorant)、臭気物質(しゅうきぶっしつ)とは、芳香または悪臭を持つ化学物質のことである。化学物質が芳香もしくは悪臭を持つには、その化合物が揮発性でありそれが嗅覚系まで運ばれ、一つ以上の嗅覚受容体と結合する必要がある。

芳香化合物は食品ワインスパイス香料精油などで見られ、多くは果物や作物が熟すときに生化学的に形成する。ワインでは、発酵の副生成物として形成する。

多くの芳香化合物は香料の製造において重要な役割を果たしている。また、臭気物質は天然ガス水素ガスのような危険性のある無臭物質にへの付臭に使われることもある。

官能基による芳香化合物の分類[編集]

アルコール類[編集]

アルデヒド類[編集]

アミン類[編集]

エステル類[編集]

エーテル類[編集]

ケトン類[編集]

ラクトン類[編集]

テルペン類[編集]

チオール類[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b D. Glindemann, A. Dietrich, H. Staerk, P. Kuschk, (2005). “The Two Odors of Iron when Touched or Pickled: (Skin) Carbonyl Compounds and Organophosphines”. アンゲヴァンテ・ケミー 45 (42): 7006–7009. doi:10.1002/anie.200602100. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]