クク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーブを混ぜ、ゼレシュクとクルミをのせたクークーイェ・サブジー

クークー(Kuku、ペルシア語:کوکو)は、鶏卵を使ったイラン料理およびアフガニスタン卵料理である。形状はイタリアフリッタータに似た、具をたっぷり入れたオープンフェースのオムレツである。様々な具材を入れた多種類のククが作られるが、中でもワケギパセリチャイブコリアンダーイノンドホウレンソウレタスフェヌグリーク等の数種類のハーブ葉野菜を入れ、深い緑色になったクークーイェ・サブジー(کوکو سبزی / kuku-ye sabzi)が最も人気がある。ギーラーン州では、ジャガイモの入ったクークーイェ・シブ・ザミーニー(کوکو سیب زمینی / kuku-ye sibzamini)に人気がある。

典型的なクークーイェ・サブジーの調理では、卵と刻んだハーブを混ぜ、塩、黒胡椒ターメリックアドヴィーエと呼ばれるミックススパイスで味付けする。これを油をひいて熱したフライパンに流し、低温で固まるまで焼き、上下をひっくり返して両面を焼くか、最後にオーブンに入れて上面を焼く。卵と混ぜる前に、ハーブを短時間ソテーする場合もある。使用されるハーブの量は、通常、卵の量よりもかなり多く、ハーブの味が強い。付け合せとしてはクルミとゼレシュク(セイヨウメギ英語版の実)が好まれ、ナンチェロウペルシア語版ヨーグルトピクルス等が添えられることもある。温かい状態でも冷やしても食べられる。

イランの主なクークー[編集]

  • クークーイェ・ゴレ・カラム(کوکو گل کلم /Kuku-ye Gol-ye Kalam):カリフラワーのクークー
  • クークーイェ・バーデンジャーン(کوکو بادنجان /Kuku-ye Bademjan):ナスのクークー
  • クークーイェ・ルービヤー・サブズ(کوکو لوبیا سبز /Kuku-ye Lubia Sabz):サヤインゲンのクークー
  • クークーイェ・ノホード・サブズ(کوکو نخود سبز /Kuku-ye Nokhod Sabz):グリーンピースのクークー
  • クークーイェ・カドゥー(کوکو کدو /Kuku-ye Kadu):ズッキーニのクークー
  • クークーイェ・グーシュト(کوکو گوشت /Kuku-ye Gusht):挽肉のクークー
  • クークーイェ・マーヒー(کوکو ماهی /Kuku-ye Mahi):魚肉のクークー。コクチマスマスサケパーチカレイ類コダラなどが適す
  • クークーイェ・ジュジェ(کوکو جوجه‌ /Kuku-ye Jujeh):鶏肉のクークー
  • クークーイェ・マースト(کوکو ماست /Kuku-ye Mast):ヨーグルトのクークー
  • クークーイェ・マグズ(کوکو مغز /Kuku-ye Maghz):牛やのクークー
  • クークーイェ・ペステ(کوکو پسته /Kuku-ye Pesteh):ピスタチオの甘いクークー

この他、ソラマメニンニクサツマイモリーキカルドンのクークーがある。

アフガニスタンのクークー[編集]

クークーイェ・タルカリ(野菜のクークー)、クークーイェ・ボンジョネ・シアー(ナスのクークー)、クークーイェ・ボンジョネ・ルーミー(トマトのクークー)などがある。

外部リンク[編集]