黒松沙士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒松沙士
Sioux City (USA) 黒松沙士

黒松沙士(台湾繁体字:黑松沙士、英語表記:HeySong Sarsaparilla)は台湾炭酸飲料である。

概要[編集]

1950年発売[1]台湾の大手飲料メーカー、黒松公司の看板商品であり、サルサパリラというサルトリイバラ科の植物の根から抽出されたエキスをベースにした炭酸飲料である。ハーブを用いる飲料としてはルートビアドクターペッパーに近い。台湾では通常のタイプのほか、加塩タイプも売られている。

台湾では「台湾コーラ」として親しまれ[1]コーラと同等に飲まれている。姉妹品に黒松可楽というコーラもある。

一時キャンペーン期間中にはアニメキャラクターが印刷されている缶もあった。確認されているものにドラえもんパワーパフガールズなどの外国のキャラクター(2009年8月現在は涼宮ハルヒ)が印刷されていた。

種類[編集]

  • 普通のもの
  • 加塩 - 塩味を加えたもの
  • スウィーティー - 柑橘類スウィーティーの風味を加えたもの
  • ICE - ミントの風味をより強化したもの

都市伝説[編集]

2003年、伝染病であるSARS(重症急性呼吸器症候群、サーズ)が世界中で流行した時期に、台湾でのSARSの発音が沙士と同じ「サースー」[2]であったため、混乱の原因になった[要出典]「沙士を飲むとSARSに罹りにくい」といった冗談のような都市伝説が真しやかに当時の台湾で広がった[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b “日本ハムの陽、台湾飲料大手のイメージキャラに” (日本語). フォーカス台湾 (中央社). (2013年5月9日). http://japan.cna.com.tw/news/aart/201305090003.aspx 2013年12月2日閲覧。 
  2. ^ 台湾のアルファベット読みは独特でサーズとは発音されなかった ASUS#読み方および日本法人についてと同様

関連項目[編集]