スプライト (炭酸飲料)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国内で販売されていたスプライト500mlペットボトル(2011年)

スプライト (Sprite) は、コカ・コーラ社が販売しているレモンライム風味の炭酸飲料である。

概要[編集]

元々はドイツコカ・コーラ社が発売した、レモンライム風味のファンタ、「クリアレモンファンタ」である。1961年アメリカ合衆国コカ・コーラ社が、レモンライム風味の飲料「7 Up」に対抗するために「スプライト」と名付けて発売した。由来は、元気という意味の Spirit と、妖精という意味の Sprite から来ている。コカ・コーラと違い、カフェインは入っていない。190以上の国々で販売されている。

中国で販売されているスプライト。左から Spirite icy mint, Sprite on fire, 普通の Sprite


日本では、初期の段階では透き通る緑色のガラス瓶に、滑り止めを兼ねた凹部をほどこした独特のデザイン性のある容器もこの飲料のイメージづくりに貢献し、コカ・コーラと並んで同社の定番商品であった。また子供に飲ませるのに、コカ・コーラのカフェインリン酸に悪いイメージが広がっていた時期もあり、「スプライトは子供に安心して与えられる」などのイメージや他に類を見ない炭酸の強さも手伝ってよく売れていた。しかし、炭酸飲料の容器としてガラス瓶の代わりにペットボトルが用いられるようになると、スプライトの突出したイメージが無くなり、自動販売機からのラインナップから外れる場合が多くなった。

1998年にガラス瓶時代の凹部を付けたペットボトルタイプを販売したが、2001年にドライレモンフレーバーにリニューアルされた時に、ファンタなどと統一されていた。しかし、2011年7月にレトロ調のデザインで復活した。

日本[編集]

日本での歴史[編集]

ビンづめのスプライト

日本では何度かフレーバーのリニューアルが行われており、1970年の発売以来のロゴが変更された1988年からその傾向が強まった。それまでも何度か味を変えているが、調整の範囲内のものであった。

  • 1988年 発売以来からのロゴを廃止し、新ロゴを採用。
  • 1990年 ライムとレモンを合わせた造語である「ライモン」を強調したパッケージに変更し、味も甘さ主体から酸味を強調した味に変更された。
  • 1993年 従来のスプライトは「甘さ・炭酸控えめ」を強調した味に変更。その一方で当時人気だったキリンレモンセレクトの対抗馬として微炭酸/果汁2%の「スプライトクールレモン」を発売。
  • 1996年 スプライトクールレモンをリニューアルし、「スプライトクール」に変更。通常のスプライトは、レギュラーサイズびんのみの販売となる。
  • 1997年 スプライトクールを無果汁に変更。
  • 1998年 スプライトクールの販売を終了し、新スプライトとしてリニューアル発売。
  • 2001年 レモン味を強調した、ドライレモンフレーバーのスプライトが3月に関西地区限定で発売された後、6月に全国発売。
  • 2005年 ドライレモンから、従来のレモンライムフレーバーのスプライトにリニューアル発売。しかし、ペットボトル製品こそかろうじて全国販売されたが、それ以外はローカル製品となる。
  • 2007年 銀色基調の新パッケージに変更。再び全国販売となる。
  • 2008年 グリーン基調のパッケージに変更され、味も旧来の強炭酸に戻る。一部地域では未発売。同年9月29日、スプライトに3個のシゲキ(ガラナ・グリーンティ カフェイン・グルコース)を配合した「スプライト3G」も登場。

また、カロリーゼロを謳った「ダイエットスプライト」も2002年4月に発売され、2007年7月に「スプライト ゼロ」にリニューアルされた。2003年4月には、セブン-イレブン限定で復刻版の「スプライトクラシックテイスト」が、2005年6月には、セブン-イレブン限定で強炭酸の「スプライトX」が発売された。2006年9月には、強炭酸の「スプライトスパークリングレモン」が発売された。2007年3月、ロゴマークを変更し、再び凹部を付けたペットボトルにリニューアルされた。

2008年当時では関東の一部など販売されていない地域も存在していた[要出典]。また、日本コカ・コーラでは「ファンタ」のシリーズ品として「ファンタ ゼロサイダー」を発売し、スプライトが売られていない地域では、この「ファンタ ゼロサイダー」が事実上の後継商品として位置付けられていた。

2009年、CCCMC切替以降製造中止。2010年以降のリニューアルまで、在庫のみの販売。

2011年7月、日本国内初登場時の緑のガラス瓶をモチーフにしたラベルデザインとロゴマークにリニューアルし、販売再開。このリニューアル時に保存料不使用になった。

2012年4月にパッケージデザインをリニューアル。パッケージ裏面に1970年代をイメージさせるカタカナのロゴフォントを復刻したほか、パッケージ下部にあった文字要素がなくなり、初代の緑のガラス瓶のイメージに一層近づけた。また、従来の4サイズ(160ml缶/350ml缶/500mlペットボトル/1.5Lペットボトル)に加え、新たに250ml缶、280ml缶、500ml缶、280mlペットボトルが加わり、8サイズに拡大した。なお、コカ・コーラの製品錠表には掲載されていないが、後に地域限定で300mlペットボトルも設定された。

2012年5月に上記パッケージデザインを踏襲した「スプライト ゼロ」をセブン-イレブン限定で発売[1]。パッケージはロゴと瓶の配色が逆になっている他、「500ml」と表記されていた場所にアルファベット及びカタカナで「ゼロ」と表記されている。

2013年3月にパッケージリニューアル。爽快感・炭酸感をアクティブに表現するためロゴマークを一新したほか、500mlペットボトルは内容量を470mlに変更するとともに、より握りやすいスリムボトルに改良。さらに、ペットボトル製品はキャップの色を緑に変更した。

日本での種類[編集]

  • スプライト
  • スプライト ゼロ(セブン-イレブン限定)

かつて販売していた種類[編集]

  • スプライト ライム&レモン
  • スプライト ライト ライム&レモン
  • スプライト クールレモン
  • スプライト クール
  • スプライト ドライレモン
  • スプライト復刻版クラシックテイスト(セブン-イレブン限定)
  • スプライト X(セブン-イレブン限定)
  • スプライト スパークリングレモン
  • スプライト 3G
  • スプライト ライモンショッツ

容器[編集]

  • スプライト
    • 160ml缶 - 製造中
    • 250ml缶 - 製造中(2012年4月追加)
    • 280ml缶 - 製造中(2012年4月追加)
    • 350ml缶 - 製造中
    • 500ml缶 - 製造中(2012年4月追加)
    • 280mlペット - 製造中(2012年4月追加)
    • 300mlペット - 製造中(一部地域のみ)
    • 470mlペット - 製造中(2013年3月に500mlペットに替わって追加)
    • 500mlペット - 製造終了
    • 1500mlペット - 製造中

CM[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ セブン-イレブン専売のためか、日本コカ・コーラの公式ホームページ上には掲載されていない。

外部リンク[編集]