シオデ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シオデ属
Smilax aristolochiifolia
Smilax aristolochiifolia
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
亜綱 : ユリ亜綱 Liliidae
: ユリ目 Liliales
: サルトリイバラ科 Smilacaceae
: シオデ属 Smilax
学名
Smilax L.
和名
シオデ属、サルトリイバラ属
英名
catbrier, greenbrier, sarsaparilla

世界に約 350 種、#主な種も参照。

シオデ属学名 Smilax)は、サルトリイバラ科(またはユリ科)に分類される多年生植物サルトリイバラ属とも呼ばれる。

概要[編集]

[1] 低木つる植物、または草本で、根茎を持ち、には結節があり匍匐し、ときにを持つ。

は落葉または常緑で、互生する。

は 6枚の花被片を持ち、雄蘂は 6本、雌蘂は 3本。 果実は液果で黒、青、紫、赤、または橙色。

世界で約 350 のが知られ、主に熱帯亜熱帯に分布し、温帯にも拡大している。

本属の種には食用・薬用として用いられるものがある。

主な種[編集]

[2] [1] [3] [4] [5]

Smilax aspera 熟した実
サルトリイバラ Smilax china
Smilax herbacea
Smilax melastomifolia

参考文献[編集]

関連項目[編集]