結節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

結節(けっせつ、nodule)とは直径1cm以上の充実性の隆起。発疹の分類の一つ。丘疹より深く真皮あるいは皮下組織に及ぶ。炎症性細胞腫瘍細胞の浸潤、代謝産物の蓄積により形成される。

関連項目[編集]

皮疹以外の疾患状態としての“結節”[編集]

内臓軟部組織等を含め、炎症、腫瘍、代謝異常、化生などにより生じた境界明瞭な充実性の病巣を広く“結節”と表現する。

疾患状態以外での“結節”[編集]

が交叉して厚くなる部分なども結節、または結節状という。

参考文献[編集]

  • 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(小動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006
  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104