グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.1.1.49
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum

グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ(Glucose-6-phosphate dehydrogenase ,G6PD)は、NADPH濃度を維持することにより細胞へ還元エネルギーを供給するペントースリン酸経路に関与する細胞質酵素の一つ。このNADPHは細胞内の主要な抗酸化成分であるグルタチオンの濃度を維持し、細胞を酸化的ダメージから保護している。また、NADPHは組織では肝臓乳腺脂肪組織および副腎における、脂肪酸イソプレノイドの生合成にも使われている。この酵素の遺伝的欠損による非免疫性溶血性貧血(グルコース6リン酸脱水素酵素欠損症)はヒトにおいて顕著である。

反応[編集]

G6PDは以下の化学反応を触媒する。

D-グルコース-6-リン酸 + NADP+ \rightleftharpoons D-グルコノ-1,5-ラクトン-6-リン酸 + NADPH + H+

反応式の通り、G6PDの基質はD-グルコース-6-リン酸とNADP+、生成物はD-グルコノ-1,5-ラクトン-6-リン酸とNADPHとH+である。

分布[編集]

G6PDは、ヒトからバクテリアに至るまで広く分布している。高等植物ではいくつかの型が報告されており、細胞質基質、プラスチドストロマおよびペルオキシソームに局在している[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Corpas FJ et al. (1998). “A dehydrogenase-mediated recycling system of NADPH in plant peroxisomes”. Biochem. J.. 330 (7): 777–784. 

参考文献[編集]

  • Vulliamy T, Beutler E, Luzzatto L (1993). “Variants of glucose-6-phosphate dehydrogenase are due to missense mutations spread throughout the coding region of the gene.”. Hum. Mutat. 2 (3): 159–67. doi:10.1002/humu.1380020302. PMID 8364584. 
  • Mason PJ (1996). “New insights into G6PD deficiency.”. Br. J. Haematol. 94 (4): 585–91. PMID 8826878. 
  • Wajcman H, Galactéros F (2004). “[Glucose 6-phosphate dehydrogenase deficiency: a protection against malaria and a risk for hemolytic accidents]”. C. R. Biol. 327 (8): 711–20. PMID 15506519. 

外部リンク[編集]