レンズマメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レンズマメ(ヒラマメ)
Lens culinaris
Lens culinaris
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類I Eurosids I
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: Fabeae
: ヒラマメ属 Lens
: ヒラマメ L. culinaris
学名
Lens culinaris
Medik.
和名
レンズマメ、ヒラマメ
英名
lentil
亜種
  • L. c. subsp. culinaris
  • L. c. subsp. odemensis
  • L. c. subsp. orientalis
  • L. c. subsp. tomentosus
レンズマメ、生
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 1,477 kJ (353 kcal)
炭水化物 60.08 g
- 糖分 2.03 g
- 食物繊維 30.5 g
脂肪 1.06 g
- 飽和脂肪酸 0.156 g
- 一価不飽和脂肪酸 0.189 g
- 多価不飽和脂肪酸 0.516 g
タンパク質 25.8 g
- トリプトファン 0.232 g
- トレオニン 0.924 g
- イソロイシン 1.116 g
- ロイシン 1.871 g
- リシン 1.802 g
- メチオニン 0.22 g
- シスチン 0.338 g
- フェニルアラニン 1.273 g
- チロシン 0.689 g
- バリン 1.281 g
- アルギニン 1.994 g
- ヒスチジン 0.727 g
- アラニン 1.078 g
- アスパラギン酸 2.855 g
- グルタミン酸 4.002 g
- グリシン 1.05 g
- プロリン 1.078 g
- セリン 1.19 g
水分 10.4 g
ビタミンA相当量 2 μg (0%)
- βカロテン 23 μg (0%)
- ルテインおよびゼアキサンチン 0 μg
ビタミンB1 0.873 mg (67%)
ビタミンB2 0.211 mg (14%)
ビタミンB3 2.605 mg (17%)
パントテン酸(ビタミンB5 2.14 mg (43%)
ビタミンB6 0.54 mg (42%)
葉酸(ビタミンB9 479 μg (120%)
コリン 96.4 mg (20%)
ビタミンB12 0 μg (0%)
ビタミンC 4.4 mg (5%)
ビタミンD 0 IU (0%)
ビタミンE 0.49 mg (3%)
ビタミンK 5 μg (5%)
カルシウム 56 mg (6%)
鉄分 7.54 mg (60%)
マグネシウム 122 mg (33%)
マンガン 1.33 mg (67%)
セレン 8.3 μg (12%)
リン 451 mg (64%)
カリウム 955 mg (20%)
塩分 6 mg (0%)
亜鉛 4.78 mg (50%)
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)
レンズマメアミノ酸スコア[1][2]

レンズマメ学名: Lens culinaris[3])は、マメ科ヒラマメ属一年草、およびその種子和名は、ヒラマメ(扁豆)。

光学用途で使われる「レンズ」の語源は、このレンズマメであり、当初作成された凸レンズがレンズマメの形状に似ていたことからこの名前が付いた。

特徴[編集]

高さは40cmほどで、小さな豆果の中に種子が2個できる。種子は丸くて扁平な形で、直径 4-9 mm。

分布[編集]

西アジア原産で、コムギオオムギエンドウなどと同時に栽培化されたと考えられる。

利用[編集]

カレースープ煮込み料理など、インド料理イタリア料理フランス料理で使用される食材のひとつ。

旧約聖書創世記にも登場し、エサウ狩猟に失敗して飢えていた際に、弟ヤコブにレンズマメの煮物を食べさせてもらう代償に、その長子権を譲ったとされる。また、エジプトの紀元前2000年紀の墳墓におさめられたレンズマメが発掘されている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ 『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007
  3. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年10月4日閲覧。
  4. ^ 21世紀研究会編『食の世界地図』文藝春秋・51P

参考文献[編集]

  • 桑嶋幹 『よくわかる最新レンズの基本と仕組み : 身近な現象と機器に学ぶ』 秀和システム〈図解入門〉、2005年、10-11頁。ISBN 4-7980-1028-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]