シカクマメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シカクマメ
Psophocarpus tetragonolobus Blanco2.293.png
シカクマメ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: シカクマメ属 Psophocarpus
: シカクマメ P. tetragonolobus
学名
Psophocarpus tetragonolobus
和名
シカクマメ(四角豆)
英名
Winged bean

シカクマメ(四角豆、学名Psophocarpus tetragonolobus (L.) D.C.)は、マメ科シカクマメ属多年草(日本では冬季に枯れるので一年草扱い)。熱帯アジア原産。実の断面がひだのついた四角形なのでこの名前がある。学名の種小名も四角形(テトラゴン)に由来する。沖縄では「うりずん豆」「シカクマーミ」、日本本土では「琉球四角豆」といった商標で種苗が市販されている。

ビルマインドインドネシアパプアニューギニア、日本の沖縄県小笠原諸島などで商業栽培されており、日本本土でも家庭菜園や緑のカーテン向けに栽培が広まっている。

在来品種は短日性が強く、特に沖縄県以外では開花結実する時期(元々は9月〜10月)に気温が足りないため露地栽培は難しかったが、沖縄の夏の野菜不足を補うためにも1980年代に旧農林水産省熱帯農業研究センター(現、国際農林水産業研究センター) によって新品種「ウリズン」は夏(7月〜9月)でも開花結実するように改良研究され栽培が奨励された[1][2]。ウリズンとは「潤い初め」の琉球方言旧暦の2月〜3月頃を指し、春分から沖縄の梅雨入り前までの時期をあらわす言葉である。

栽培[編集]

種の蒔き時は暖地が4月下旬、中間地が5月初旬、冷涼地が5月中旬となるが、沖縄以外では苗の状態で植えたほうが良い。自家栽培では種子からは非常に発芽しにくく、成長も7月に入ってからの方が良好である。

近年は5月下旬〜6月にかけて苗の販売も各地のホームセンター等で行われており、成長期が盛夏と重なることから家庭菜園でも、より栽培しやすい状況となっている。だが、品種改良されたとはいえ、本州などでは寒さのため開花結実が芳しくない場合もあり注意が必要である。九州以北での開花結実とさやの収穫は8月下旬から9月〜10月に入ってからの場合が多い。開花後は比較的寒さに強く、10月以降アサガオゴーヤなどの夏植物がしおれ始める最低気温摂氏十数度台の時期になっても、緑を保っている場合が多い(「緑のカーテン」としては長期間、場合によっては11月に入っても利用可能なため、この用途では好都合である)。

さやは成って1〜2週間ほどの10cm前後が柔らかく食べごろであり、3〜4週間以上経ったものは、さやのすじが硬くなり始めているので、そのまま成長させて豆の方を食べたほうが良い。さやは成長するに従い、苦味は減り、味はサヤエンドウに似る。

種子(豆)としての収穫を行う場合は開花から三ヶ月以上要し、10月〜年末前後となる。

調理[編集]

若い莢を煮たり[3]、炒め物や揚げ物(天ぷら)などにする。かすかな苦味と全体的にさっぱりした味でくせがなく歯ごたえを楽しめる。さやだけに留まらず、花や葉、熟した豆、そして地下根(芋)も食用になる。 さやの形状から、汁物に使うとスープとよく馴染む。花はサラダや料理のアクセントに使うなど、生で食べることができ、豆に似た味がする。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 京都府立植物園 ウリズンシカクマメ
  2. ^ 沖縄県農林水産部流通政策課 おきなわ伝統的農産物データベース シカクマメ 2012年6月17日閲覧。
  3. ^ 『新編 食用作物』 星川清親 養賢堂 昭和60年5月10日訂正第5版 p552

参考文献[編集]

外部リンク[編集]