クラスタマメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラスタマメクロンキスト体系
Cluster bean-guar-Cyamopsis psoralioides-Cyamopsis tetragonolobus-TAMIL NADU73.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: クラスタマメ属 Cyamopsis
: クラスタマメ C. tetragonoloba
学名
Cyamopsis tetragonoloba (L.) Taub.
シノニム

Cyamopsis psoralioides L.

和名
クラスタマメ
英名
guar
cluster bean

クラスタマメ (cluster bean、学名 Cyamopsis tetragonoloba) は、マメ科一年生植物グアー豆グァー豆グアール豆とも呼ばれる。

インドパキスタン原産。

栽培[編集]

栽培には十分な降雨量、日光または排水のよい土壌が必要である。しかし、乾燥条件でも比較的強く、雨の少ない地方でも育つ。原産地のほか、アメリカオーストラリアアフリカでも栽培されている。

利用[編集]

Gawar Phali With Aaloo (Guar Bean With Potatoes).JPG

インドではグアーサブジーグアーカレーといった料理で食されている。

グアー豆の胚乳部を粉砕して得られたグアーガム食品添加物として認められていて、増粘剤安定剤ゲル化剤として広く用いられている[1]。グアー豆を酵素で処理したグアー豆酵素分解物水溶性食物繊維 として用いられている。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『新編 食用作物』 星川清親 養賢堂 昭和60年5月10日訂正第5版 p551

関連項目[編集]