イナゴマメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イナゴマメ
Ceratonia siliqua
Ceratonia siliqua
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : ジャケツイバラ亜科 Caesalpinioideae
: イナゴマメ属 Ceratonia
: イナゴマメ C. siliqua
学名
Ceratonia siliqua
L.
和名
イナゴマメ
英名
carob

イナゴマメ(蝗豆、学名: Ceratonia siliqua[1])は、地中海地方原産のマメ科ジャケツイバラ亜科[2]常緑高木

ギリシア語でイナゴマメの実をκεράτιων(kerátiōn:「動物の角」の意味のκέρας[keras]に由来、属名Ceratoniaもこれによる)といい、カラットcaratはこのギリシア語名による。イナゴマメという和名は英語でその種子を指すLocust beanの訳。

特徴[編集]

高さは10 m以上になる。地中海沿岸のような温暖な土地でよく育ち、乾燥に耐える。

は偶数羽状複葉で全体は長さ20 cmほど、互生する。

雌雄異花で、普通は雌雄異株は秋に咲き、赤いが花弁はなく、総状花序となってまたはに付く。果実は角張って細長い豆果で、動物のあるいはイナゴを思わせる形をしている。熟すのに丸一年ほどかかる。

利用[編集]

果肉、または種子が食用飼料食品原料などに利用される。特に莢と果肉がキャロブ英語: carobアラビア語: Kharūb、ヘブライ語: Charuvから)と呼ばれる。

莢の中には黒い果肉と種子がある。果肉は糖分を含んで甘く、そのまま、または乾して食用あるいは食品原料にする。種子は飼料にすることが多いが、コーヒーの代わりにもされる。特に多糖類からなるローカストビーンガムを多量に含むため、これを抽出し増粘安定剤として食品添加物化粧品原料などにする。 また、イナゴマメの鞘から抽出されるピニトールには、血糖値の改善効果が期待できる。

現在は地中海沿岸の他にアメリカ大陸などでも栽培される。

歴史・文化[編集]

イナゴマメは地中海東部で古代から食用にされ、古代エジプトでも甘味料として用いられた。サトウキビが利用される以前は砂糖の原料として最も重要であった。乾したイナゴマメは、ユダヤ人の祭日トゥ・ビシュヴァット(樹木の新年:新年の植樹祭)にアーモンド干しブドウとともに食べられている。種子や殻は主に動物の飼料とされた。

イナゴマメは新約聖書タルムードに言及されている。「放蕩息子」のたとえ話ルカ福音書15:16)では、放蕩息子は飢えても「豚の餌」のイナゴマメさえ食べさせてもらえない。キリスト教の言い伝えでは、「バプテスマのヨハネが荒野でイナゴマメを食べていた」といわれる(ただし福音書の記述では「イナゴと野蜜」とされている)。

またイスラム教ラマダーンの時期にはイナゴマメから作った飲料が飲まれている。

イナゴマメの乾燥種子の重さは約0.2 gほどで均一なため、重さの単位カラットの語源ともなったとされる。しかし、実際にイナゴマメを個別に電子天秤はかりで計量すると、0.10gから0.25gの間でかなりのばらつきがあり均一ではない。 このことから、イナゴマメが宝石の取引に用いる分銅として機能したかどうかは疑わしい。しかし、何らかの理由により取引の道具に利用されたことは推察できる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年7月9日閲覧。
  2. ^ クロンキスト体系ではジャケツイバラ科とする。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]