ジャケツイバラ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャケツイバラ科
Bauhinia.jpg
バウヒニア
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マメ目 Fabales
: ジャケツイバラ科 Caesalpiniaceae
  • 本文参照

ジャケツイバラ科 (Caesalpiniaceae) はマメ科に近縁な科。クロンキスト体系では独立の科とするが、新エングラー体系ではマメ科に入れてジャケツイバラ亜科 (Caesalpinioideae) とする。APG植物分類体系ではマメ科の一部で、ジャケツイバラ亜科 (Caesalpinioideae) は認めているがハカマカズラ属などを含まない。

特徴[編集]

日本に自生するジャケツイバラ白髪岳山麓)

果実はマメ科と同様の豆果。 は左右相称で、5枚の花びらが大きく開いて目立つものが多いが、一部(ハナズオウなど)はあまり開かず不完全な蝶形花になる。葉は単葉または羽状複葉。多くは木本で、つる性のものも多い。150属2200種ほどからなり、熱帯亜熱帯に多く分布する。日本にはジャケツイバラサイカチカワラケツメイハカマカズラなど数種が自生する。

ハナズオウ属は温帯で広く栽培され、また大きな花をつけ熱帯で花木として栽培されるものも多い(ホウオウボクバウヒニアなど)。

薬用や飲用に用いられるもの(カワラケツメイ、センナエビスグサハブソウ、サイカチなど)もある。

スオウは古くから材を染料として用いる。

ホウオウボク
ナンバンサイカチ(ゴールデンシャワー、Cassia fistula
Senna multiglandulosa
ハナズオウ

おもな分類群[編集]

Caesalpinieae ジャケツイバラ連

Cassieae カワラケツメイ連

Cercideae ハナズオウ連

Detarieae デタリウム