アセト酢酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アセト酢酸
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 541-50-4
ChemSpider 94
特性
化学式 C4H6O3
モル質量 102.09 g/mol
融点

36.5 °C

沸点

分解

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アセト酢酸(アセトさくさん、acetoacetic acid)は、分子式 C4H6O3示性式 CH3COCH2COOHと表されるカルボン酸ケト酸。別名を 3-オキソブタン酸

融点 37 ℃、CAS登録番号は [541-50-4]。

長時間放置したり、熱するとアセトン二酸化炭素分解する。

生化学[編集]

糖尿病患者血液中にアセト酢酸が多く、尿中にも排出されてくる。生体内では、二分子のアセチルCoAから作られる。糖尿病の場合ではインスリンが欠乏しているために肝臓筋肉といった組織が血糖を取り込むことができず、脂肪酸からβ酸化によりアセチルCoAに分解して大量のアセチルCoAが生ずる。これが二分子結合してアセト酢酸を形成する傾向が生じ、生体内で酸化しきれないほど増えて尿中に排出されてくるのである。

グルコースが枯渇しているような絶食時、激しい運動時、高脂肪食においてもケトン体であるアセト酢酸が生成される[1]

アセト酢酸は、3-ヒドロキシ酪酸(β-ヒドロキシ酪酸)やアセトンにも変化するので、これらも同時に排出されることとなる。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E3%82%B1%E3%83%88%E3%83%B3%E4%BD%93 ケトン体 - 薬学用語解説 - 日本薬学会

関連項目[編集]