シドニー・ウェッブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シドニー・ウェッブ

シドニー・ウェッブ(Sidney James Webb, 1st Baron Passfield、1859年7月13日 - 1947年10月13日)は、イギリスの政治家。のちの労働党へと繋がるフェビアン協会の中心人物で、イギリスの政治思想風土のもとで漸進的な社会改革を主張した。

生涯[編集]

ビアトリス夫人

1859年ロンドンで生まれた。仕事のかたわら、シティ・オブ・ロンドン・カレッジなどで学び,植民地省の高級官僚になる。フェビアン協会の創設期より中心的役割を果たし、妻ビアトリス・ポッター・ウェッブバーナード・ショーらとともに、漸進的な社会改革を進めることを主張した。1895年にロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)を創設し,自身は行政学の教授をつとめた。代表的な社会改革理論として、ナショナル・ミニマム論(『産業民主制論』(1897年))がある。それは、最低賃金、労働時間規制、衛生・安全、義務教育などの労働者への最低労働・生活条件の国家規制は、国民経済発展にプラスになるというものであった。ナショナルミニマム概念は、後のピグ-やベヴァリッジにらよっても形を変えて引き継がれた。

 フェビアン協会は,労働組合とは一定の距離を保ちつつ、労働代表委員会を経て労働党へと結実し、ウェッブは労働党員として党内の要職を歴任した。1922年、下院議員。1924年、初めての労働党内閣(自由党との連立)が成立した際に商務大臣。1929年、初代パスフィ-ルド男爵。1929-31年、第2次労働党内閣で植民地相。1929年以降の大恐慌の惨劇を前に、晩年にはロシア社会主義に傾倒していった。1947年に死去。

主著[編集]

  • 『労働組合運動史』(The History of Trade Unionism)
  • 『産業民主制論』(Industrial Democracy)

参考文献[編集]

江里口拓『福祉国家の効率と制御:ウェッブ夫妻の経済思想』昭和堂,2008年

関連項目[編集]