アングロ・サクソン人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アングロ・サクソン人(Anglo-Saxons)は、5世紀頃、現在のドイツ北岸、南部よりグレートブリテン島に侵入してきたアングル人ジュート人サクソン人ゲルマン系の3つの部族の総称である。この中でアングル人が、イングランド人としてイングランドの基礎を築いた。

歴史[編集]

409年ローマ帝国ブリタンニアを放棄した後、現在のデンマーク、北部ドイツ周辺にいたゲルマン人が、グレートブリテン島に渡ってきた。彼らは先住のケルト系ブリトン人を支配し、ケルト文化を駆逐した。これが英国における最初のアングロ・サクソン人である。彼らの言葉が英語の基礎となった。

彼らはイングランドの各地に小王国を築いていった。7世紀頃には、イングランドは7つの王国(七王国)にまとまっていったが、9世紀初めには、ウェセックスエグバートのもとで、サクソン人のウェセックス王国が強大となって、イングランド全域を支配した。それ以降、一時期はデーン人に支配され、デンマーク王の下にあった。

アングロ・サクソン人はその後また、イングランドを支配した。これは1066年、ギヨーム2世(=ウィリアム1世)によるノルマン・コンクエストまで続いた。

名前の由来[編集]

アングロ・サクソンとは、「アングリアのサクソン人」という意味である[要出典]アングリア(イングランド)は、元々は「アングル人の土地」という意味であったが、カトリック教会がこの地域を表す言葉として使用したため、後にサクソン人もこれを自称するようになり、地域名として定着した。

アングロ・サクソン諸国[編集]

英語国語公用語とする白人主流派の先進国であるイギリスアメリカ合衆国カナダオーストラリアニュージーランド(稀にアイルランド南アフリカ共和国を含む)をアングロ・サクソン諸国と呼ぶ。しかし、言語がアングロ・サクソン人に由来しているだけで、歴史的なアングロ・サクソン人と現代のアングロ・サクソン諸国には血統的な関係が薄い(フランク人フランス人の違いと同じ)。アングロ・サクソン人の故地と見なされるイングランドでさえ、デーン人ノルマン人、原住のブリトン人ケルト人)などの多様な民族が入り混じって形成された国家である。当のアングロサクソン諸国では一般にあまり用いられておらず、自分たちがアングロサクソン人であるという意識も乏しい。

用法[編集]

主に大陸ヨーロッパ日本で用いられることが多い。アングロ・サクソン諸国は独特の経済社会を形成しており、古くから研究の対象となってきた(プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神等)。また、グローバル資本主義の進展とその反発により、アングロ・サクソン諸国を「特殊」な国々と規定するために、様々な比較考証が行われてきた。以下はその代表的なものである。

  1. 体系におけるコモン・ロー
  2. 政党制における二大政党制
  3. アーレンド・レイプハルトの研究による多数決民主主義
  4. レギュラシオン学派における市場ベース型資本主義
  5. 福祉レジーム論における自由主義福祉国家論

関連項目[編集]