リフィー川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リフィー川
ダブリン市内リフィー河畔 オコンネル橋が遠方に見える
延長 125 km
水源 ウィックロー山地
河口・合流先 ダブリン湾
流路 アイルランド共和国の旗 アイルランド
テンプレートを表示

リフィー川(River Liffey)はアイルランドの河川。首都のダブリンを通り、ダブリン湾にそそいでいる。リフィー(Liffey)とはアイルランド語で生命を意味する。

流域[編集]

ウィックロー山地に水源を有し、ウィックロー州キルデア州ダブリン州を通過しアイリッシュ海にそそいでいる。全長は75マイル(125km)。川には合計3つの水力発電所が設けられている。ダブリン市内ではオコンネル橋ハーペニー・ブリッジなどと交差している。

バチェラーズウォーク通りの対岸のアシュトンキー通りから撮ったパノラマ。ハーペニー・ブリッジ(左)とオコンネル橋(右)が見える。

引用[編集]

ジェイムズ・ジョイスからレディオヘッドまで様々な分野においてリフィー川が言及されている:

riverrun, past Eve and Adam's, from swerve of shore to bend of bay, brings us by a commodius vicus of recirculation back to Howth Castle and Environs.

ジェームズ・ジョイス、『フィネガンズ・ウェイク』 (書き出し)

A skiff, a crumpled throwaway, Elijah is coming, rode lightly down the Liffey, under Loopline Bridge, shooting the rapids where water chafed around the bridgepiers, sailing eastward past hulls and anchorchains, between the Custom House old dock and George’s quay.

ジェームズ・ジョイス、『ユリシーズ

That there, that's not me - I go where I please - I walk through walls - I float down the Liffey

レディオヘッド、 "How To Disappear Completely" アルバムKid Aより