ゲーリックフットボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲーリックフットボールの試合

ゲーリックフットボールGaelic footballアイルランド語peil ghaelach)は、アイルランド発祥の団体球技である。

アイルランドでは、ハーリングと並んで国民的人気スポーツのひとつで、ゲーリック・ゲームズとして国技にも数えられる。

1884年に設立されたゲーリック体育協会Gaelic Athletic Association、略称:GAA、アイルランド語:Cumann Lúthchleas Gael)によって運営されている。

概要[編集]

フィールド

サッカーとラグビーの中間の様なフットボールだが、起源は16世紀から17世紀頃と古く、フットボールが発祥した当時の形に一番近い競技であると言われている。

1チーム15人のプレイヤーで編成され、相手チームと対戦する。手足を使い、ボールをH型の相手ゴールに入れる団体球技である。

H型ゴールの下の部分はサッカーゴールの様にネットが張ってあり、上の部分はラグビーのゴールポストの様になっている。ゴール前のポジションにはゴールキーパーが守っている。

ゲーリック・フットボールのボールは皮製の円形で、サッカーボールより若干小さい。男子用と女子用ではサイズが異なり、女子用は少し小さいサイズのボールを使用している。

4つのプロヴィンスのチャンピオンを決め決勝に残った州代表チームがクローク・パークオールアイルランド・ファイナルを争う。

アイルランドのトップリーグでは、全員がアマチュア(副業を持っている)であると共に、リーグの所属チームの選手はそのホームタウン地域の自治体に在住・在学・在勤しているものに限られる。

ルール[編集]

ゲーリックフットボールのボール
  • ボールは手に持って移動できる。その際の移動範囲は4歩までと決まっており、ボールをバウンドさせることにより更に4歩進むことが出来る。但しこれが許されるのは1回までである。
  • 上記規定の移動範囲内で、ボールを蹴るかフィスト・パス(ボールを掌か拳で打つパス)によって味方プレイヤーにパスが出来る。
  • このパスは自分自身に対しても有効である。これを行うことでプレイヤーはボールを持ったまま9歩まで進むことができる。
  • サッカーのオフサイドのような制度はない。
  • 相手が持っているボールを手ではじいたり、ショルダータックルは認められるが、ラグビーのように体全体でタックルすることは認められない。ラグビーのようなスクラムも存在しない。
  • 得点はH型ゴール(ラグビーのゴールポストにほぼ同じ)の上の空間にボールを蹴り通すか、ゴールポストの下のゴールネット(サッカーのゴールネットにほぼ同じ)の部分にボールを入れることで得点となる。ゴールポストを超えて得点すれば1点、ゴールネットにボールを入れるとゴールとなり3ポイントが得られるが、サッカーのようにゴールキーパーがゴールマウスを守っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]