ニューアムステルダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1650年代のニューアムステルダム。現在のニューヨークと違い、自然が豊かな場所だったことがわかる。

ニューアムステルダム New Amsterdam)、ニーウアムステルダム Nieuw Amsterdam)は、オランダ植民地時代のニューヨークの名称。

概説[編集]

1609年アジアに通じる北西航路を発見するためオランダ東インド会社に雇われた英人ヘンリー・ハドソンが発見した。当時、アメリカ大陸の全容は未知であり、アジアに通じる北西航路があると信じられていたため、東インド会社が探検隊を送ったものである。

ハドソンはハドソン川をさかのぼり、流域一帯をオランダ領ニューネーデルラント(ニーウネーデルラント)と宣言した。ハドソン川の名はハドソンの名にちなむものである。その後、オランダ西インド会社の管轄に移され、ビーバーなどの毛皮が取れるハドソン川流域の植民が行われた。

ニューヨークはオランダ人が25ドルでインディアンから買ったという話は単なる伝説のようだが、1626年頃、ハドソン川下流のマンハッタン島南端にオランダの植民拠点が建設され、ニューアムステルダム(ニーウアムステルダム)と命名された。ニューネーデルラント植民地の主邑となったニューアムステルダムは1653年に正式に市の資格を与えられている。

当時は運河がはりめぐらされた土地であり、また侵入者に備えて防壁が随所に築かれた(ウォール街)。

北米植民地戦争[編集]

1664年、英軍が侵攻してきたためオランダ総督ストイフェサントは無抵抗で降伏した。第二次英蘭戦争1665年 - 1667年)を終結させたブレダの和約でニューアムステルダムを含むニューネーデルラントはイングランドに割譲され、チャールズ2世はこれを弟のヨーク公(後のジェームズ2世)に与えたので、ニューアムステルダムはニューヨークと改称された。これがニューヨークの起源である。その後、第三次英蘭戦争英語版1672年 - 1674年)中の1673年にオランダが一時奪回し、ニューオラニエと改称されたが、1674年のウェストミンスター和約でイギリスに再度引き渡され、ニューヨークに再改称された。

関連項目[編集]