セント・クロイ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セント・クロイ島(Saint Croix)とは、カリブ海アメリカ領ヴァージン諸島にあるである。 ヴァージン諸島の中では一番大きく、一番南側にある島。島の最高峰であるイーグル山(355m)があるが、セント・トーマス島セント・ジョン島と違い、起伏は少ない。

1750年に描かれたセント・クロイ島

面積は214km²、人口は約107,000人、中心地がクリスチャンステッド

1493年クリストファー・コロンブスにより発見され、サンタ・クールスと名付けて島に上陸した。1625年イングランドフランスからの入植者が島にやって来たが、1733年にフランスがデンマークに売り払い、デンマーク植民地となった。1917年アメリカがセント・トーマス島とセント・ジョン島と共に島を買収しアメリカ領になった。

島にはデンマークの植民地時代の建造物が数多く残っており、中心地のクリスチャンステッドと、もう一つの町フレデリックステッドなどに見られる。18世紀の要塞ラム酒の工場、サトウキビ農場などの跡地もある。

セント・クロイ島では失業率が高く、セント・トーマス島とセント・ジョン島よりも経済格差が広がっているため独自のアメリカ自治領を望む声が近年あり、2005年2月セント・クロイ島は、セント・トーマス島及びセント・ジョン島の両島からセント・クロイ島をアメリカ領ヴァージン諸島の行政区から切り離すよう求める島民約7,000人分の署名を集め、アメリカ議会に捉出した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Official sites
  • St. Croix - United States Virgin Islands Department of Tourism