ピクォート戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピクォート戦争(ピクォートの戦い、Pequot War)とは1636年から1637年アメリカ東部ニューイングランド地方のコネチカット州で、原住民であるピクォート族(ペコー族)インディアンの領土を奪うためにイギリス白人入植者が行った民族浄化インディアン戦争

概要[編集]

争いの原因は、1人のニューイングランドの白人貿易業者が殺害された事が発端で、白人側の報復としてピクォート族を攻撃して起きたものである。それにより犠牲となったピクォート族はほとんど一掃されてしまった。

1620年プリマス入植地を築いたピューリタン(清教徒)は1630年にピクォート族が住むマサチューセッツ湾に入植した。当初は白人入植者とピクォート族は友好関係を保っていたが、白人側はピクォート族の領土に次第に入植地を拡大していった。

インディアンにとって土地は誰のものでもなく、誰かが占有するものではなかった。また白人の「土地を売買する」という排他的行為は、インディアンにはどうしても理解できなかった。白人の勝手な振る舞いは、インディアンたちの怒りを買う一方だった。

1636年7月20日、交易業者のジョン・オルダムと言う白人が殺害された事で、ピクォート族との関係悪化が決定的となった。

白人側はピクォート族が殺したと主張し、犯人の引渡しを一方的に要求した。が、しかしピクォート族側は殺害していないと主張し、白人側の要求を拒否した。白人がどう要求したかはよく分からないが、個人のもめごとは個人と直接直談判するのがインディアン社会のきまりである。白人がインディアンの酋長などに部族民の引き渡しを要求したとしても、個人の意志に反してこれに従わせる権限を持った立場の人間は、インディアンの社会には存在しない。

後にオルダムはインディアンではなく、別の白人に殺害されたと言われているが、白人側はピクォート族の対応に納得せず、その報復策を練った。

1637年7月、ジョン・メイソン大尉の指導により、ピクォート族と敵対するモヒガン族ナラガンセット族と同盟を結んだイギリス人入植者が、ピクォート族の村を襲撃した。村は一方的に破壊され、400人から700人のピクォート族が殺された。その多くは女性や子供など非戦闘員だった。生き残ったピクォート族の人達は2つのグループに別れて逃げた。

ピクォート族はロングアイランドに逃げたグループと、サッサカス酋長たちのグループに二分された。サッサカス酋長たちのグループは、ニューヘブン近くやコネチカット州のフェアフィールド近くで捕まり、白人侵略者たちによって殺され、ニューイングランド周辺やバミューダ諸島奴隷として売り飛ばされた。

サッサカス酋長(指導者ではない)は逃げたものの、モホーク族に捕えられて殺されてしまった。サッサカス酋長のピクォート族グループは事実上根絶やしにされた。そしてピクォート族の土地は全て、モヒガン族に占領された。

関連項目[編集]