ヤン・スマッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・スマッツ
Jan Christiaan Smuts
JanSmutsFM.png
ヤン・クリスティアン・スマッツ
生年月日 1870年5月24日
出生地 ケープ植民地の旗 ケープ植民地、マルベズベリー近郊、ボーフェンプラッツ
没年月日 1950年9月11日(満80歳没)
死没地 南アフリカの旗 プレトリア近郊、イレーネ、ドームクローフ
所属政党 南アフリカ党統一党

南アフリカの旗 第4代首相
内閣 第2次スマッツ内閣
任期 1939年9月5日 - 1948年7月4日

南アフリカ連邦の旗 第2代首相
内閣 第1次スマッツ内閣
任期 1919年9月3日 - 1924年6月30日
テンプレートを表示

ヤン・クリスティアン・スマッツ英語: Jan Christiaan Smuts1870年5月24日1950年9月11日)は、南アフリカおよびイギリス連邦政治家軍人哲学者である。

略歴[編集]

スマッツは1870年5月24日、英領ケープ植民地のマームズベリーでアフリカーナーの大農園主の息子として生まれた。ステレンボッシュにあるヴィクトリア・カレッジ(のちのステレンボッシュ大学)に進学した後、さらに奨学金を得てケンブリッジ大学に進学した。

1895年にケープ植民地に戻ると、彼はケープタウン弁護士を開業したが、1896年のジェームソン襲撃事件に憤激したスマッツはケープタウンからトランスヴァール共和国の首都プレトリアへ移住し、トランスヴァール共和国大統領ポール・クリューガーに才能を認められて司法長官の地位に就いた。 スマッツは1899年、トランスヴァール共和国がイギリスに突きつけた最後通牒を起草した。

ボーア戦争が開戦すると、スマッツはトランスヴァール軍の指揮官の一人としてイギリス軍と戦い、首都陥落後もジェームズ・バリー・ミューニック・ヘルツォークやルイス・ボータ、クース・デ・ラ・レイらと抗戦を続け、戦争末期にはケープ植民地の奥深くを転戦してケープのアフリカーナーの反乱を起こそうとしたが、これは失敗に終わった。

ボーア戦争敗北後、スマッツはボータとともにトランスヴァールのアフリカーナーの指導者となり、オレンジ川植民地(旧オレンジ自由国)のアフリカーナー指導者となったヘルツォークと協力して自治回復の運動を繰り広げた。1907年の選挙でアフリカーナー勢力は大勝し、スマッツはトランスヴァール植民地の指導者となった。

トランスヴァールの政権を握ると、スマッツとボータは南アフリカ4植民地の合同を提唱し、各植民地も賛同。1910年南アフリカ連邦が成立すると、スマッツは内相及び国防相となった。

彼は様々な内閣に参加し、1919年から1924年と1939年から1948年に南アフリカ連邦の首相となった。

第一次世界大戦と第二次世界大戦時にイギリスの陸軍元帥となる。 当初は南アフリカ現地生まれ白人の多くがそうであるように人種間差別を擁護する姿勢をとり、黒人の解放は西洋文明の究極的崩壊につながると考えていた。1923年には、都市のはずれに黒人隔離行政区を建設し、黒人を都市から一掃する措置を首相として講じた。ユダヤ人のシオニズム運動に協力的であり、国際連盟のパレスチナ委任統治決議でバルフォア宣言の条文を使うことを提案した。1926年に刊行している『ホーリズムと進化(Holism and Evolution)』では、生物学における個的機械主義的原子論的な姿勢を問題化して、人格的全体論的姿勢を訴えている。首相として両大戦の間の幾年間に、アパルトヘイトを進めたかった大部分のアフリカーナーに反対した。第二次世界大戦後、彼はファーガン委員会を設立した。それは、南アフリカの全ての隔離政策を放棄することを支持していた。しかしながら、スマッツが提案を実行できる以前に彼は1948年に選挙に破れアパルトヘイトの政策が実行され、1950年死去する。

スマッツは、第二次ボーア戦争の時指揮官として導いている。第一次世界大戦の間はドイツに対して南アフリカの軍隊を仕向け南西アフリカを占拠し東アフリカではイギリス軍を指揮した。1917年から1919年まで英国戦争内閣の一員でありイギリス空軍創設にも助力している。彼は1941年イギリス軍の陸軍元帥となり、ウィンストン・チャーチルの下、戦時内閣にも入閣した。スマッツは第一次世界大戦第二次世界大戦両方の平和条約に署名した唯一の人物でもある。スマッツの成果の一つとしては国際連盟の設立に係わったことも上げられる。国連憲章に前文を書いて、国際連盟と国連憲章に署名する唯一の人物でもあった。イギリスとイギリス連邦を樹立する時、いままでの関係を再検討した。

2004年、南アフリカ放送協会による古今の南アフリカで一番の偉人を選ぶ投票でその中の一人に選ばれた。政治的な理由により放送には利用されなかったが、最終的なトップ10は第2ラウンドで決定されるが第1ラウンドではネルソン・マンデラが1位となった。スマッツは6位であった。

人物[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
設置
南アフリカ連邦の旗 内相
1910 - 1912
次代:
アブラハム・フィッシャー
先代:
設置
南アフリカ連邦の旗 国防相
1910 - 1920
次代:
ヘンドリック・メンツ
先代:
ヘンリー・チャールズ・フール
南アフリカ連邦の旗 財務相
1912 - 1915
次代:
デーヴィッド・グラーフ
先代:
ルイス・ボータ
南アフリカ連邦の旗 首相
第2代 : 1919 - 1924
次代:
ジェームズ・バリー・ミューニック・ヘルツォーク
先代:
オズワルド・ピロウ
南アフリカの旗 司法相
1933 - 1939
次代:
コリン・フレイザー・ステイン
先代:
ジェームズ・バリー・ミューニック・ヘルツォーク
南アフリカの旗 首相
第4代 : 1939 - 1948
次代:
ダニエル・フランソワ・マラン
先代:
オズワルド・ピロウ
南アフリカの旗 国防相
1939 - 1948
次代:
フランス・エラスムス
先代:
ジェームズ・バリー・ミューニック・ヘルツォーク
南アフリカの旗 外相
1939 - 1948
次代:
ダニエル・フランソワ・マラン
先代:
ルイス・ボータ
南アフリカの旗 南アフリカ党党首
1919 - 1934
次代:
解散
先代:
ルイス・ボータ
南アフリカの旗 統一党党首
1939 - 1950
次代:
ジャコブス・ギッデオン・ネル・シュトラウス
先代:
ウィルフレッド・グレンフル
スコットランドの旗 セント・アンドルーズ大学総長
1931 - 1934
次代:
グリエルモ・マルコーニ
先代:
スタンリー・ボールドウィン
イギリスの旗 ケンブリッジ大学総長
1948 - 1950
次代:
アーサー・テッダー