エリ・カルタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリ・カルタンÉlie Joseph Cartan, 1869年4月9日 - 1951年5月6日)はフランス数学者リー群微分幾何学に大きな業績を残した。数学界の巨人のひとり。

イゼール県ドロミューで、父親は鍛冶屋、母は絹織物工で、幼時より非凡な才能を示し、記憶力は抜群であった。

高等師範学校にすすみ、碩学エミール・ピカールなどの講義をうける。ソルボンヌ大学も通い、グルサやエルミートの講義などに感激した。

25歳の時に出した学位論文「有限次元連続変換群の構造について」は学者としての地位を約束するものであった。この論文によりみとめられ、1894年、モンペリエ大学の講師に任命される。

その後、40歳でパリ大学の講師に任命される。研究は多岐におよび、対称空間の発見、接続の概念の提唱など基本的な重要な仕事をした。リー群論、スピノール理論、連続群論、微分幾何学、積分不変式など。

子供は4人、3男1女、長男アンリは関数論の専門家、次男ジャンは作曲家だが夭逝、三男ルイは物理学者、長女のエレーヌは数学教師とのことである。