ピエール=ルイ・リオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピエール=ルイ・リオン(Pierre-Louis Lions、1956年8月11日 - )はフランスの数学者である。父親のジャック=ルイ・リオンも数学者で、ナンシー大学の教授であった。ピエールは1979年にパリ大学で博士号を取得した。

彼は非線形偏微分方程式の理論の研究を行い、ボルツマン方程式に初めて完全な解を与えた業績によりパリ第9大学で働いていた1994年にフィールズ賞を受賞した。また1987年にはIBM賞、1991年にはフィリップ・モリス賞を受賞している。現在はコレージュ・ド・フランスエコール・ポリテクニークで偏微分方程式の教授をしている。またテキサス大学オースティン校の非常勤教授でもある。

1980年代初めに発表したViscosity solutions of Hamilton-Jacobi equationsという論文の中で、彼は粘性解の考えを導入した。この考えは、偏微分方程式の理論に大きな影響をもたらした。