吉田耕作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉田 耕作
(よしだ こうさく)
人物情報
生誕 1909年2月7日
日本の旗 日本広島県
死没 1990年6月20日(満81歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学
学問
研究分野 数学
研究機関 大阪大学
名古屋大学
東京大学
京都大学
学習院大学
主な業績 関数解析学
主な受賞歴 藤原賞(1964年)
日本学士院賞恩賜賞(1967年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

吉田 耕作(よしだ こうさく、1909年2月7日 - 1990年6月20日)は日本数学者。専門は関数解析学および確率論。これらの分野において数々の重要な業績があるが、特に、半群理論において「ヒレ・吉田の定理」(1948年)は国際的によく知られる。日本国内では、関数解析学の草分けであり、後進の育成に尽くし、多数の著作がある。また、(社)日本数学会理事長を計7期務めた(1957年度、1959年度、1962年度、1964年度、1965年度、1967年度、1972年度)。これは、彌永昌吉に次いで2番目の多さである。

略歴[編集]

著書[編集]

論文集[編集]

共著・編著・共編著[編集]

翻訳[編集]

 ※他に1980年代まで、教育出版発行の算数・数学教科書の著作にも携わっていた。