サイコ (1998年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイコ
Psycho
監督 ガス・ヴァン・サント
脚本 ジョセフ・ステファノ
原作 ロバート・ブロック
製作 ブライアン・グレイザー
ガス・ヴァン・サント
製作総指揮 ダニー・ウルフ
出演者 ヴィンス・ヴォーン
アン・ヘッシュ
ジュリアン・ムーア
ヴィゴ・モーテンセン
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 クリストファー・ドイル
編集 エイミー・E・ダドルストン
製作会社 イマジン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニヴァーサル映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年12月4日
日本の旗 1999年9月11日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $37,141,130[1]
テンプレートを表示

サイコ』(Psycho)は、1998年に制作されたアメリカ映画。1960年のヒッチコック監督による『サイコ』のリメイク作品である。

概要[編集]

ヒッチコックによるモノクロ映画版『サイコ』と全く同じカット割りで作られた。もちろん俳優は前作と異なり、なによりこちらはカラー映画として制作されたが、題名のロゴも含めて、意図的に全く同じになるように制作された。しかし、ゴールデンラズベリー賞の最低リメイク続編賞・最低監督賞・最低助演女優賞(アン・ヘッシュ)の3部門にノミネートされ、最低リメイク賞・最低監督賞の2つを受賞する結果となった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ノーマン・ベイツ ヴィンス・ヴォーン 平田広明
マリオン・クレイン アン・ヘッシュ 小林優子
ライラ・クレイン ジュリアン・ムーア 勝生真沙子
サミュエル・“サム”・ルーミス ヴィゴ・モーテンセン 堀内賢雄
ミルトン・アーボガスト ウィリアム・H・メイシー 納谷六朗
保安官アル・チェンバース フィリップ・ベイカー・ホール チョー
エリザ・チェンバース アン・ヘイニー 片岡富枝
医師フレッド・サイモン ロバート・フォスター 稲葉実
パトロール中の警官 ジェームズ・レマー
キャロライン リタ・ウィルソン 佐藤しのぶ
ローリー社長 ランス・ハワード 中博史
トム・キャシディ チャド・エヴェレット 水野龍司
チャーリー ジェームズ・レグロス 古田信幸
ボブ・サマーフィールド フリー 青山穣
ノーマ・ベイツの声 ローズ・マリー
(クレジットなし)
京田尚子
予告編ナレーター レックス・ラング

旧作との違い[編集]

旧作ではヒッチコックが希望していたのに撮影不可能だった「フェニックス市街の俯瞰からホテルの一室内への1カット撮影」が撮影技術の進歩で実現し、旧作では1秒にも満たなかった「刺され倒れるマリオンをシャワールーム上から写す」ショットは尺が数秒に増えた。排水口からオーヴァーラップし、後退しながらマリオンの眼を写すカメラは、旧作では1/4回転程度だったものが360度回転する。デジタルアニメーションで再構成されたタイトル映像も、タイトルロゴが切れ目に合わせてずれるタイミングがテーマ曲にぴったり合っている。ノーマン・ベイツの母の「素顔」はリック・ベイカーの特殊メイクでリアルに作られた。

一方、最後の心理学者の説明は簡略化され、マリオンが断末魔に見た幻が追加された。探偵はとどめをさされる直前「母親」の影を見る(顔は映らない)。死の直前、侵入者を見送るマリオンの瞳孔が開いていくカットが追加され、サムに取り押さえられたノーマンの顔をライラが蹴るなど、アレンジが加えられたシーンもある。音響面でも最後の母親の独白にかぶってノーマンの声がサラウンドチャンネルから聴こえるように整音されたり、ノーマンが隣室を壁の穴からのぞくシーンでも生々しい効果音が付けられている。

劇中に使用されたキッチン・ナイフは、映画監督ジョン・ウーが所有するもので、エンドクレジットでは協力の項目にクレジットされている。

オリジナル同様、監督のワンシーン出演も実行されている。

出典[編集]

  1. ^ a b Psycho (1998)”. Box Office Mojo. 2010年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]