ラストデイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラストデイズ
Last Days
監督 ガス・ヴァン・サント
脚本 ガス・ヴァン・サント
製作 ダニー・ウルフ
出演者 マイケル・ピット
音楽 ロドリゴ・ロプレスティ
撮影 ハリス・サヴィデス
編集 ガス・ヴァン・サント
配給 日本の旗 エレファント・ピクチャー
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年7月22日
日本の旗 2006年3月18日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $2,456,454[1]
テンプレートを表示

ラストデイズ』(Last Days)は、2005年アメリカ映画

あるロックミュージシャンの死の直前の2日間を描く。物語はガス・ヴァン・サント監督がアメリカのグランジバンド、ニルヴァーナのリーダーであるカート・コバーンの死から着想を得ており、主演のマイケル・ピットが演じるブレイクは、カート・コバーンをモデルにしている。

音楽監修は、ソニック・ユースのサーストン・ムーアが務めており、夫人のキム・ゴードンは一部のシーンに出演している。

ストーリー[編集]

深い森の中を、独り言をつぶやきながら、下向きがちにあてどなく散歩する若者がいる。彼は、麻薬の矯正施設を抜け出した、若者の間でカリスマ視されるミュージシャン、ブレイクである。彼は、現役の頃の自分を慕う人々がたむろする家に戻るが、誰も彼に近づこうとしない。時はゆっくりと、終結に向かって過ぎていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ブレイク マイケル・ピット 三木眞一郎
ルーク ルーカス・ハース 川島得愛
アーシア アーシア・アルジェント 岡本麻弥
ニコール ニコール・ヴィシャス 根谷美智子
スコット スコット・グリーン 森川智之
クラブの男 ハーモニー・コリン
レコード会社の重役 キム・ゴードン 塩田朋子

出典[編集]

  1. ^ Last Days (2005)” (英語). Box Office Mojo. 2011年4月24日閲覧。

外部リンク[編集]