ある子供

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ある子供
L'Enfant
監督 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
脚本 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
製作 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
デニス・フレイド
製作総指揮 オリヴィエ・ブロンカール
出演者 ジェレミー・レニエ
デボラ・フランソワ
撮影 アラン・マルコァン
編集 マリー・エレーヌ=ドゾ
配給 日本の旗 ビターズ・エンド
公開 フランスの旗 2005年7月11日
日本の旗 2005年12月10日
上映時間 95分
製作国 ベルギーの旗 ベルギー
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

ある子供』(L'Enfant)は、2005年ベルギーフランスの映画である。監督はジャン=ピエール・ダルデンヌとリュック・ダルデンヌの兄弟。

第58回カンヌ国際映画祭で最高賞にあたるパルム・ドールを受賞した。ダルデンヌ兄弟にとっては2度目のパルム・ドール受賞となる。また、ヨーロッパ映画賞の作品賞と主演男優賞(ジェレミー・レニエ)の候補、第78回アカデミー賞の外国語映画部門ベルギー代表にも選ばれた。

ストーリー[編集]

20歳のブリュノと18歳のソニアのカップルは、生活保護給付金とブリュノの盗みから得た金で生計を立てていた。二人に子供が出来たとき、ソニアはブリュノに真面目に働くようにと紹介された仕事を教えるも、ブリュノはそれを断ってしまう。

ある時、ブリュノは子供と外で二人っきりになったのをきっかけに子供を養子として売ってしまい、それを聞いたソニアは卒倒してしてしまう。ブリュノは子供を取り返すもソニアは激しく怒っており、ブリュノを家から追い出してしまう。

その後、ブリュノが再び盗みを働いた際に子分の14歳のスティーブが捕まってしまい、ブリュノが自首して捕まるのであった。

キャスト[編集]

作品解説[編集]

この映画のエンドロールでは音楽はもちろん、音声が全く入っていない「無音声」の状態で流れる。これはとても重くシリアスなこの映画における演出のひとつである。

公開[編集]

日本[編集]

日本では、恵比寿ガーデンシネマで2005年12月10日より公開・全国でも順次公開された。

外部リンク[編集]