ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
Jean-Pierre & Luc Dardenne
Jean-Pierre & Luc Dardenne
 2009年、第62回カンヌ国際映画祭において
ジャン=ピエール(左)、リュック(右)
本名 Jean-Pierre Dardenne
Luc Dardenne 
出生地 リエージュ
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
職業 映画監督
脚本家
映画プロデューサー
主な作品
ロゼッタ
ある子供
ロルナの祈り
少年と自転車

ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌは「ダルデンヌ兄弟」として知られる、兄のジャン=ピエール・ダルデンヌJean-Pierre Dardenne, 1951年4月21日 - )と弟のリュック・ダルデンヌLuc Dardenne, 1954年3月10日 - )の二人の兄弟。ベルギーの工業地帯・リエージュ出身の映画監督である。共同で監督・脚本を担当する。

プロフィール[編集]

ジャン=ピエールは舞台演出家を志してブリュッセルへ上がり、二人はそこで出会ったアルマン・ガッティに影響を受ける。原発で働いた後、その資金で機材を購入。1974年以降、都市計画などの社会問題を映したドキュメンタリーを制作する。1978年、“Le Chant du Rossignol”で初のドキュメンタリー映画を監督。その後もさまざまなテーマでドキュメンタリー映画を制作した。 

1986年にはルネ・カリスキーの戯曲を基にした「ファルシュ」で長編劇映画デビュー。ベルリン国際映画祭カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品した。1992年には「あなたを思う」を監督するが、製作サイドの圧力で難航し、満足した完成は果たせなかった。

三作目「イゴールの約束」では束縛されない環境で製作、カンヌ国際映画祭の国際芸術映画評論連盟賞などを受賞し、世界的な注目を集める。

「息子のまなざし」では、やはりカンヌ国際映画祭で男優賞とエキュメニック特別賞をダブル受賞。

1999年の「ロゼッタ」と2005年の「ある子供」でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞、同賞を二度受賞した5組目の監督となった。

2008年の「ロルナの祈り」でカンヌ国際映画祭 脚本賞を受賞、2011年「少年と自転車」でカンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリを受賞。

カンヌ国際映画祭に出品した作品は毎回受賞しており、ベルギーを代表する映画監督として世界的に評価されている。

日本で公開された監督作品[編集]

  • イゴールの約束 La Promesse (1996) - カンヌ国際映画祭国際芸術映画評論連盟賞受賞
  • ロゼッタ Rosetta (1999) - カンヌ国際映画祭パルム・ドール、女優賞受賞
  • 息子のまなざし Le Fils (2002) - カンヌ国際映画祭男優賞、エキュメニック賞特別賞受賞
  • ある子供 L'Enfant (2005) - カンヌ国際映画祭 パルム・ドール受賞
  • それぞれのシネマ Chacun son cinéma (2006) - オムニバス。「暗闇 (Dans l'obscurité)」を監督
  • ロルナの祈り Le silence de Lorna (2008) - カンヌ国際映画祭脚本賞受賞
  • 少年と自転車 Le gamin au vélo (2011)- カンヌ国際映画祭審査委員特別グランプリ受賞

外部リンク[編集]