戦争と貞操 (1957年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戦争と貞操
Летят журавли
監督 ミハイル・カラトーゾフ
脚本 ウィクトル・ローゾフ
原作 ウィクトル・ローゾフ
製作 ミハイル・カラトーゾフ
出演者 タチアナ・サモイロワ
アレクセイ・バターロフ英語版
ワシリー・メルクーリエフ英語版
音楽 ミェチスワフ・ヴァインベルク
撮影 セルゲイ・ウルセフスキー英語版
編集 マリヤ・チモフェーエワ
製作会社 モスフィルム
配給 日本の旗 新東宝
公開 ソビエト連邦の旗 1957年10月12日
日本の旗 1958年8月26日
上映時間 97分
製作国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
言語 ロシア語
テンプレートを表示

戦争と貞操』(せんそうとていそう、Летят журавли)は、1957年に制作されたソビエト連邦映画第二次世界大戦で恋人を失った女性が描かれる。モスフィルムが製作し、グルジア出身のミハイル・カラトーゾフが監督した。第11回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを獲得した[1]

日本語題は後に『鶴は翔んでゆく』に変更された。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Festival de Cannes: The Cranes are Flying”. festival-cannes.com. 2009年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]