背信の日々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
背信の日々
Betrayed
監督 コスタ=ガヴラス
脚本 ジョー・エスターハス
製作 アーウィン・ウィンクラー
製作総指揮 ジョー・エスターハス
ハル・W・ポレア
出演者 デブラ・ウィンガー
トム・ベレンジャー
音楽 ビル・コンティ
撮影 パトリック・ブロシェ
編集 ジョエル・ヴァン・エフェンテル
製作会社 ユナイテッド・アーティスツ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年8月26日
日本の旗 1988年12月10日
上映時間 127分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $19,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $25,816,139[2]
テンプレートを表示

背信の日々』(はいしんのひび 原題:Betrayed)は、1988年制作のアメリカ合衆国の映画コスタ=ガヴラス監督。

あらすじ[編集]

シカゴラジオパーソナリティを務めるユダヤ人のサム・クラウスが何者かに射殺され、その車に“ZOG”(Zionist Occupation Government=シオニストが占拠した政府)と落書きされる事件が起こった。白人至上主義団体による犯行とにらんだFBIは、キャサリン・ウィーヴァー捜査官をその有力な容疑者のもとに潜入捜査させる事にする。

キャサリンは“ケイティ・フィリップス”という偽名を名乗り、ネブラスカの田舎町にやってきた。そこで彼女はゲイリー・シモンズという、一見平凡な農夫と出会う。実は彼こそが白人至上主義団体のリーダーであり、事件の主犯であった。やがて、ケイティはゲイリーを深く愛するようになり、どうしてもその事実を受け入れる事が出来なかった。

しかし、ケイティはゲイリーが仲間と共に黒人リンチし、さらには、自分の幼い子供たちにまでユダヤ人や黒人に対する憎悪を教え込んでいる事を知り、苦悩する。

そんな中、ケイティはゲイリーとその仲間たちが、ある人物の暗殺と銀行襲撃の計画を立てている事を知る。一方、ゲイリーも仲間の密告により、ケイティの正体を知る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
キャサリン・ウィーヴァー/ケイティ・フィリップス デブラ・ウィンガー 土井美加
ゲイリー・シモンズ トム・ベレンジャー 谷口節
マイケル・カーンズ ジョン・ハード 小川真司
ショーティ ジョン・マホーニー 藤本譲
ウェズ テッド・レヴィン 大塚明夫
ボビー・フリン ジェフリー・デマン 塚田正昭
アル・サンダース アルバート・ホール 広瀬正志
ジャック・カーペンター デヴィッド・クレノン 有本欽隆
レイチェル・シモンズ マリア・バルデス 坂本真綾
ジョーイ・シモンズ ブライアン・ボサック 合野琢真
サム・クラウス リチャード・リバティーニ 阪脩

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]