告白 (1970年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
告白
L’Aveu
監督 コスタ=ガヴラス
脚本 ホルヘ・センプルン
原作 アルトゥール・ロンドン
リーズ・ロンドン
製作 ロベール・ドルフマン
ベルトラン・ジャヴァル
出演者 イヴ・モンタン
シモーヌ・シニョレ
音楽 ジョヴァンニ・フスコ
撮影 ラウール・クタール
編集 フランソワーズ・ボノー
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 フランスの旗 1970年4月29日
イタリアの旗 1970年9月25日
日本の旗 1971年3月20日
上映時間 136分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

告白』(こくはく、: L’Aveu: The Confession)は、1970年制作のフランスイタリア合作映画

1951年チェコスロバキアで起きた急進的スターリン主義者による大粛清の中で最悪の冤罪事件といわれるスラーンスキー事件Slánský trial)を、事件の当事者の一人であるアルトゥール・ロンドンの手記を基に映画化したもの。

Z』、『戒厳令』と共にガヴラス監督の“三部作”といわれる(主演はすべてイヴ・モンタン)。

あらすじ[編集]

1951年プラハスペイン内戦第二次世界大戦中のフランスの対独レジスタンス運動に参加した輝かしい経歴を持つ外務次官のジェラールことアルトゥール・ロンドンは、ある日突然、秘密警察に逮捕される。

独房取調室と廊下だけという暗黒の世界で、ジェラールは西側スパイ容疑という身に覚えのない罪で想像を絶する苛酷な取り調べを受け、自白を強要されるが、頑なに拒絶する。

しかし、同じく逮捕された友人たちは次々と罪を“告白”し、ジェラールは次第に追い詰められていき、ついに罪を認めざるを得なくなる。

すべては共産党内部の権力闘争による、急進的スターリン主義者が行なった大粛清の一環だったのだ。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

備考[編集]

関連文献[編集]

本作の原作となった文献である。

  • Artur a Lise London: L'aveu, dans l'engrenage du proces de Prague, Gallimard, Paris 1968
  • London, Artur (1971). Confession. USA: Ballantine Books. ISBN 0345221702. (英訳版)
  • 稲田三吉・訳『自白-プラハ裁判煉獄記(上・下)』サイマル出版会、1972年 ISBN 978-4-377-20125-3(邦訳版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]