ノーマ・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーマ・レイ
Norma Rae
監督 マーティン・リット
脚本 アーヴィング・ラヴェッチ
ハリエット・フランク・Jr
製作 タマラ・アセイエフ
アレックス・ローズ
出演者 サリー・フィールド
ロン・リーブマン
音楽 デヴィッド・シャイア
撮影 ジョン・A・アロンゾ
編集 シドニー・レヴィン
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年3月2日
日本の旗 1979年9月29日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ノーマ・レイ』(Norma Rae)は、1979年アメリカ映画

第52回アカデミー賞では作品賞を含む4部門にノミネートされ、主演女優賞、歌曲賞を受賞。サリー・フィールドは、カンヌ国際映画祭女優賞も受賞。

ストーリー[編集]

ふたりの子どもを抱えながら、アメリカ南部紡績工場でがむしゃらに働くシングルマザー、ノーマ(サリー・フィールド)は、目標もなく、日々の生活に齷齪(あくせく)しながら暮らしていた。ある日、全米縫製繊維産業労働組合から派遣されてきたルーベン(ロン・リーブマン)と出会い、工場に労働組合を結成しようと言われた。やがて労組結成に向けてルーベンと行動をともにすることになる。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

  • 副島隆彦:『ハリウッド映画で読む世界覇権国アメリカ』(講談社)という著書の中で、この映画のクライマックス・シーンを思い出すと目頭が熱くなると書いた。
  • 人生、ここにあり!』:労組オルガナイザーを主要登場人物においた点で共通する。
  • ディラン・トーマス:詩人。労組オルガナイザーがノーマに紹介する著書の著者。

外部リンク[編集]