マーク・フォースター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・フォスター
Marc Forster
Marc Forster
生年月日 1969年1月27日(45歳)
出生地 西ドイツの旗 西ドイツ バイエルン州ノイ=ウルム郡イッラーティッセン
職業 映画監督

マーク・フォースターMarc Forster1969年1月27日 - )は、ドイツ出身の映画監督である。

略歴[編集]

ドイツバイエルン州ノイ=ウルム郡イッラーティッセンでドイツ人医師の父ヴォルフ・フォースター(Wolf Forster)とスイス人建築家の母ユーリ・フォースター(Ulli Forster)の間に3人兄弟の末っ子として生まれ、スイスグラウビュンデン州ダボスで育てられた。

彼が幼い頃、家族でスイスに引っ越している。彼の家族が、テロ組織ドイツ赤軍の前身であるバーダー・マインホフ・グルッペのブラックリストに載っていることを知っての行動である[1]

スイスでは素朴な生活を送り、初めて映画館で観た映画は、フランシス・フォード・コッポラの『地獄の黙示録』であった。12歳であったが『地獄の黙示録』を観て熱中し、将来の夢として監督を挙げている。

1990年に20歳で渡米した。ニューヨーク大学で3年間映画制作を学び、幾つかのドキュメンタリー映画を制作した。1995年にはハリウッドへ引越し、『Loungers』と言う名前の実験的な低予算映画($10,000)を撮影、Slamdance Audience Awardを受賞。

1998年、長兄ヴォルフガング(Wolfgang)が自殺。

2000年には、初作品『Everything Put Together』がサンダンス映画祭でGrand Jury Prizeにノミネートされる。

2004年の『ネバーランド』でゴールデングローブ賞などの監督賞にノミネートされた。

フィルモグラフィ[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]