キャリー・フクナガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャリー・フクナガ
Cary Fukunaga
Cary Fukunaga
2009年撮影
本名 Cary Joji Fukunaga
生年月日 1977年7月10日(36歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州オークランド
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督脚本家作家撮影技師
ジャンル 映画
活動期間 2006年 - 現在
主な作品
闇の列車、光の旅

キャリー・フクナガCary Fukunaga, 1977年7月10日 - )は、米国の映画監督脚本家作家撮影技師キャリー・ジョージ・フクナガとも表記される。

生い立ち[編集]

ケイリー・フクナガはカリフォルニア州オークランドで生まれた。フランス日本及び、メキシコシティに滞在し、現在はニューヨークに拠点を置く。父親が日系アメリカ人三世で母親がスウェーデン系アメリカ人のハーフ。フクナガはカリフォルニア大学サンタクルーズ校(文学士号)、グルノーブル政治学院ニューヨーク大学(映画プログラム)を卒業。米国ロックフェラー財団、ジョン・H・ジョンソン映画賞/グレース妃財団、及びカトリン・カートリッジ財団からの奨学金を含むいくつかの助成金を受けている。英語に加え、フランス語とスペイン語、ポルトガル語に堪能。

経歴[編集]

短編映画『Victoria para Chino』(2004)が、サンダンス映画祭で上映され、2005年に学生アカデミー賞を受賞。2009年、移民たちの過酷な現実を描いた『闇の列車、光の旅』で長編映画デビューを果たす。

2010年、シャーロット・ブロンテの長編小説『ジェーン・エア』を、ミア・ワシコウスカ主演で映画化。2011年3月11日に米国で公開され、日本での公開は2012年6月予定。

主な作品[編集]

外部リンク[編集]