ジェーン・エア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェーン・エア
Jane Eyre
著者 シャーロット・ブロンテ
訳者 日本語訳を参照
発行日 1847年
ジャンル 恋愛
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジェーン・エア』(原題:Jane Eyre)は、シャーロット・ブロンテ長編小説1847年刊。当初はカラー・ベルという男性の筆名で出版した。

孤児ジェーンが、家庭教師として住み込んだ家の主人と結ばれるまでを描く。当時の社会に反抗した主人公は新しい女性像を提供し、多大な反響を呼んだ。

作品解説[編集]

主人公ジェーン・エアは、美しいほうではなく、普通の容姿の女性である。たいていヒロインは美しいもの、とされているが、この価値観を根本から覆している。孤児であることに対する不満、男女平等意識という反骨精神を描き、また女性から告白するということも、当時の社会常識から大きく逸脱した行為である。財産や身分にとらわれず、自由恋愛という形で結婚するという点は、ヴィクトリア期の文学において画期的であった。

作品中に登場するローウッド学院は、作者シャーロットもかつて通ったカウアン・ブリッジ校がモデルとなっている。教師も実在の人物がモデルで、この学校は生徒管理が行き届いておらず、実際にチフス患者が出ている。シャーロットの姉マリアとエリザベスの2人も、ここで肺炎にかかり死亡した。作中のジェーンの親友ヘレン・バーンズは、姉マリアを写したとされる。のちにこの学校は、ギャスケル夫人が『シャーロット・ブロンテの生涯』で取り上げ、社会問題に発展した。

あらすじ[編集]

主人公ジェーン・エアは孤児となり、叔母のリード夫人とその子供達から虐待されて育つ。ある日ジェーンは教育施設ローウッドに送られ、そこで優しいテンプル先生やヘレン・バーンズと出会う。ヘレンを通して初めて忍耐と信仰心を知ったが、折しもローウッドにはチフスが大流行し、後になって環境の悪さ、食物の悪さ、使われている水の悪さが世間に暴かれるが、そのヘレンは結核にかかり死亡する。

生徒として6年間、教師として2年間ローウッドで過ごした後、ジェーンはソーンフィールド邸で家庭教師として雇われる。そこの当主・ロチェスターに結婚を申し込まれるが、結婚式の際に狂人の妻の存在が判明し、衝撃を受けたジェーンは一人黙ってソーンフィールドを出る。路頭に迷い、行き倒れになりかけたところを牧師セント・ジョンとその妹、ダイアナとメアリーに助けられ、その家へ身を寄せることになる。しばらくして、ジョンとその妹たちがジェーンのいとこであることが判明する。1年ほどそこで過ごすが、セント・ジョンに妻としてインドへ同行することを求められ、ジェーンの心は揺れ動く。しかし、ジョンの求婚を受けようとしたときに、ジェーンはロチェスターの自分を呼ぶ声を聞き、家を出た。

その後ロチェスターのもとを訪ね、ジェーンは昨秋の火事でロチェスター夫人が亡くなり、ロチェスター自身も片腕を失った上盲目になったことを知る。ロチェスターと結婚することを自ら誓ったジェーンは彼のもとを離れず、2人は静かに結婚式を挙げた。

主な登場人物[編集]

ジェーン・エア
主人公。美人ではないが、確固たる意思を持つ女性。孤児であるため、叔母のもとで育てられる。ロチェスター家の長女のガヴァネスとして雇われる。
エドワード・フェアファックス・ロチェスター
ジェーンの思い人。貴族。容貌がいいとは言えないが、ロチェスターもジェーンを愛している。
リード夫人
亡き夫に頼まれてジェーンを子供たちと一緒に育てる。ジェーンを生理的に嫌っており、虐待していた。
ヘレン・バーンズ
ジェーンのローウッド学院時代の親友。肺病にかかり死亡。
ブロクルハースト氏
ジェーンのローウッド学院時代の院長。
セント・ジョン・エア・リバース(当時の発音で正しくは「シンジン」)
牧師。ジェーンの従兄にあたる。

日本語訳[編集]

映像化[編集]

有名な作品なだけに何度も映像化されている。

ミュージカル[編集]

ジェーン・エア
脚本 ジョン・ケアード
初演日 2009年09月01日 (2009-09-01)
初演場所 日生劇場東京都
言語 日本語
ジャンル ミュージカル
舞台設定 1800年代
公式サイト

2000年9月からブロードウェイでロングラン上演されたミュージカル化作品。その年のトニー賞作品賞、主演女優賞など主要5部門にノミネートされた。ドラマ・デスク賞では最優秀主演女優賞を受賞した。『レ・ミゼラブル』でも知られる演出家ジョン・ケアードは、母国イギリスを舞台にした長編小説を元に自ら脚本(作詞)を執筆し、ドラマ性の高いミュージカルとして仕上げた。作曲はポール・ゴードン。

2009年9月日生劇場にて、日本初演が行われた。演出はブロードウェイ版と同じくジョン・ケアードで、日本初演に合わせて脚本・音楽を再構成し、完全版と評される舞台となる。主演は松たか子で、ミュージカルでの初めての単独主演作品となった。一人称で綴られた原作を踏まえ、主人公ジェーンが物語の語り手も兼ねたことで、松は2時間45分程の舞台にほぼ出ずっぱりであった。その圧倒的な存在感と22曲を熱唱する演技で深い感動を呼び、第35回菊田一夫演劇賞を受賞するなど賞賛を浴びた。両脇に観客席を設けた広い舞台上には枯れた巨木が影を落とす荒涼とした大地が広がり、屋敷の装置は登場せずにその開放的な空間で物語は展開する。観客の想像力を重視する、ミュージカルとしては大胆な演出であった。再演の呼び声が高い作品としても話題となる。

2012年10月日生劇場、11月博多座にて再演が決定した。キャッチコピーは劇中歌でもある”愛する勇気を、信じること”。

キャスト[編集]

2009年日本初演時
2012年再演時

関連項目[編集]

外部リンク[編集]