クォ・ヴァディス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クォ・ヴァディス
Quo Vadis
監督 マーヴィン・ルロイ
脚本 ジョン・リー・メイヒン
S・N・バーマン
ソニア・レヴィン
原作 ヘンリク・シェンキェヴィチ
製作 サム・ジンバリスト
出演者 ロバート・テイラー
デボラ・カー
ピーター・ユスティノフ
音楽 ミクロス・ローザ
撮影 ロバート・サーティース
ウィリアム・V・スコール
編集 ラルフ・E・ウィンタース
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1951年11月8日
日本の旗 1953年9月15日
上映時間 171分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000[1]
興行収入 $30,000,000[2]
テンプレートを表示

クォ・ヴァディス』(Quo Vadis)は1951年アメリカ合衆国の映画

概要[編集]

ヘンリク・シェンキェヴィチの同名小説『クォ・ヴァディス』を壮大なスケールのスペクタクルとして映画化したものである。

監督はマーヴィン・ルロイ、出演はロバート・テイラーデボラ・カーピーター・ユスティノフレオ・ゲン。他にもエリザベス・テイラーカメオ出演しており、無名時代のソフィア・ローレンが奴隷役としてエキストラ出演している。アカデミー賞では作品賞の候補を始め7部門(助演男優賞は2人なので8候補)となったが、監督賞や脚本部門では候補になれず、受賞もなかった。暴君ネロを演じたユスティノフはゴールデングローブ賞を受賞し、アカデミー賞でも助演男優賞の候補となっている。

当初は、製作にジョン・ヒューストンが携わっていたが、乗り気ではなかったため降板した。また主役にグレゴリー・ペックが考えられていたが、病気のため降板した。

この作品の他にもサイレント期に作られたものは数多くあるが、この作品が『クォ・ヴァディス』の映像化作品としては最も有名である。近年では1985年のテレビ作品(日本未公開)、2001年ポーランド語で作られたイェジー・カヴァレロヴィチ監督の『クオ・ヴァディス』(邦題が大文字)がある。

ストーリー[編集]

西暦1世紀前期、皇帝ネロが支配するローマ帝国の時代。マーカス・ヴィニシウス将軍は3年に渡る遠征を終えてローマに凱旋した。

マーカスは若く美しい王女リジアと知り合い、ネロも許可を与えたが、リジアは彼の求愛を拒み、姿を消してしまう。マーカスは占い師の力を借りて彼女の行方を探した結果、リジアが禁制のキリスト教の信者であることを知る。マーカスは教徒の秘密の集合場へ行き、リジアを連れ戻そうとしたが抵抗を受け、傷を負った。リジアは初めて心を許してマーカスを看護し、2人は激しく愛し合うようになった。

その頃ネロは、ネロポリスという新しい首都を建設するため、ローマを灰燼に帰そうと市内に放火、それをキリスト教徒の仕業にして彼らに弾圧を加え始めた。そんな中、マーカスはリジアの影響を受けて、自分もキリスト教に帰依しようとしていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
NET フジテレビ
マーカス・ヴィシニウス ロバート・テイラー 小林修 瑳川哲朗
リジア デボラ・カー 水城蘭子
ネロ ピーター・ユスティノフ 田中明夫 穂積隆信
ペトロニウス レオ・ゲン
ポッペア パトリシア・ラファン
ペトロ フィンレイ・カリー
ウルスス バディ・ベア
女奴隷 ソフィア・ローレン
(クレジットなし)
女奴隷 エリザベス・テイラー
(クレジットなし)

脚注[編集]

  1. ^ Movie Box Office Figures. LDS Film. Retrieved April 15, 2013.
  2. ^ Box Office Information for Quo Vadis. The Numbers. Retrieved April 15, 2013.

外部リンク[編集]