レオ・ゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Leo Genn
レオ・ゲン
レオ・ゲン
本名 Leo John Genn
生年月日 1905年8月9日
没年月日 1978年1月26日(満72歳没)
出生地 ロンドン
死没地 ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
配偶者 マルグリット・ボン

レオ・ゲンLeo Genn、本名:Leo John Genn 、1905年8月9日 - 1978年1月26日)はイギリス俳優

略歴[編集]

ロンドン出身。ケンブリッジ大学法科に学び、劇団の法律顧問をしているうちに演劇熱にとりつかれ、1930年ロンドンの舞台に立つ。1935年に映画デビュー。その後は手堅い脇役や準主役としてイギリス、アメリカイタリアの映画で活躍。

1951年の『クォ・ヴァディス』でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。テレビ出演も多く、またBBCのラジオ番組や記録映画のナレーションも数多くつとめた。妻は女優のマルグリット・ボン。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1944 最後の突撃
The Way Ahead
エドワーズ
ヘンリィ5世
The Chronicle History of King Henry the Fift with His Battell Fought at Agincourt in France
The Constable of France
1945 シーザーとクレオパトラ
Caesar and Cleopatra
Bel Affris
1946 青の恐怖
Green for Danger
エデン氏
1948 ビロードの手袋
The Velvet Touch
マイケル・モレル
蛇の穴
The Snake Pit
マーク・キック
1950 木馬
The Wooden Horse
ピーター・ハワード
1951 クォ・ヴァディス
Quo Vadis
ペトロニウス
1952 哀愁のモンテカルロ
24 Hours of a Woman's Life
ロバート・スターリング
1953 赤いベレー
The Red Beret
J.スノウ
憧れの小径
Personal Affair
スティーブン・バーロウ
1955 ゆすり
Chantage
ライオネル・ケンダル
チャタレイ夫人の恋人
L'amant de lady Chatterley
サー・クリフォード・チャタレイ
1956 白鯨
Moby Dick
スターバック
豹の爪
Beyond Mombasa
ラルフ・ホイト
1957 最後の決死隊
The Steel Bayonet
ジェラード
1958 今は死ぬ時でない
No Time to Die
ケンダル
1960 地獄の罠
Too Hot to Handle
ジョニー・ソロ
ローマで夜だった
Era notte a Roma
マイケル・ペンバートン
1962 史上最大の作戦
The Longest Day
エドウィン・P・パーカー・ジュニア
1963 北京の55日
55 Days at Peking
ヤン・ルー将軍
1964 怪人マブゼ博士・殺人光線
Die Todesstrahlen des Dr. Mabuse
クインシー
1965 姿なき殺人者
Ten Little Indians
ジョン・マンドレイク将軍
1966 グレゴア
Circus of Fear
エリオット
1972 死にゆく者への調べ
Le silencieux
MI5長官
1973 マッキントッシュの男
The MacKintosh Man
ロリンズ クレジットなし

脚注[編集]


外部リンク[編集]