蛇の穴 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蛇の穴
The Snake Pit
監督 アナトール・リトヴァク
脚本 フランク・パートス
ミレン・ブランド
原作 メアリー・ジェーン・ウォード
製作 アナトール・リトヴァク
ロバート・バスラー
出演者 オリヴィア・デ・ハヴィランド
マーク・スティーヴンス
レオ・ゲン
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 レオ・トーヴァー
編集 ドロシー・スペンサー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1948年11月4日
日本の旗 1950年3月7日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

蛇の穴』(へびのあな、The Snake Pit)は、メアリー・ジェーン・ウォードによって書かれたベストセラーの自伝小説を原作とする1948年ハリウッド映画

あらすじ[編集]

ロバート・カニンガムはジュニパー丘州立精神病院と呼ばれる病院に入院している妻・ヴァージニアと面会するが、妻が自分のことも自分と結婚していることも全て忘れ去っていることに驚愕する。ロバートは妻の主治医キックに妻との出会いから結婚、そして妻が発狂し入院するに至るまでを話し始めた。

ロバートの話だけではヴァージニアの精神錯乱の原因を突き止めることはできなかったが、粘り強い治療のおかげで状態は改善して行った。その様子に安心したロバートはヴァージニアに退院試験を受けさせるようにキック医師に依頼する。 時期尚早とは思いつつもヴァージニアに試験を受けさせるキック医師。 しかし試験の面談の場でヴァージニアは激しい恐怖を感じ、再び発狂してしまう。

改めて治療をやり直して行く中で、キック医師に愛情を感じて行くヴァージニア。 しかしキック医師を密かに慕う看護婦が嫉妬に駆られ、ヴァージニアを「蛇の穴」と呼ばれる凶暴患者の雑居病室に入れてしまう。

キャスト[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Clooney, Nick (November 2002). The Movies That Changed Us: Reflections on the Screen. New York: Atria Books, a trademark of Simon & Schuster. p. 143. ISBN 0-7434-1043-2. 

外部リンク[編集]