バーベット・シュローダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーベット・シュローダー
Barbet Schroeder
バーベット・シュローダーBarbet Schroeder
トロント国際映画祭(2008年)
生年月日 1941年8月26日(73歳)
出生地 テヘラン
国籍 フランスの旗 フランス
配偶者 ビュル・オジェ

バーベット・シュローダー(Barbet Schroeder、1941年8月26日 テヘラン - )は、イランテヘランで生まれたフランス国籍のスイス人(ドイツ系)で、フランスやアメリカで活躍する映画プロデューサー映画監督俳優。フランス語読みのバルベ・シュローデルの名で、エリック・ロメールとともに映画製作会社レ・フィルム・デュ・ローザンジュを創立したことで知られる。

来歴・人物[編集]

1941年8月26日テヘランに生まれる。子供のころ地質学者の父に伴いコロンビアに行く。シュローデルは、フランスで教育を受けることを選び、名門リセコンドルセ校Lycée Condorcet)とアンリ四世校Lycée Henri-IV)でバカロレアを取得するまで学び、ソルボンヌ大学で哲学を修めた。映画批評誌『カイエ・デュ・シネマ』に参加、彼の文章はヌーヴェルヴァーグ運動に伴走した[1]

1962年、21歳のとき、当時42歳のロメールとともに製作会社「レ・フィルム・デュ・ローザンジュ」をフランス・パリに設立。同社作品の第一作はロメール監督『モンソーのパン屋の女の子』、同作をもって「六つの教訓話」シリーズの製作を開始となり、プロデューサーはもちろんシュローデルであった。

短編映画を2本演出したのち、ジャン=リュック・ゴダールはシュローデルを『カラビニエ』(1962年12月開始、1963年公開)の助監督に採用した[1]。ロメール監督『シュザンヌの生き方』(1963年公開)をプロデュースするかたわら、ジャン=ルイ・コモリとともに助監督をつとめた。

1965年5月19日、シュローデル渾身の企画、オムニバス映画『パリところどころ』公開。監督は、ジャン=ダニエル・ポレジャン・ルーシュジャン・ドゥーシェ、ロメール、ゴダール、クロード・シャブロルのヌーヴェルヴァーグを代表する6人。アソシエイト・プロデューサーパトリック・ボーショー、アシスタント・プロデューサーにシュローデルのアンリ四世校時代の仲間でのちにジャン・ユスターシュ監督のプロデューサーとなるピエール・コトレルが参加。

1969年、満を持して長編劇映画『モア』で監督デビュー。ルクセンブルク西ドイツ資本との合作。シュローデル自身がプロデューサーのほかアソシエイト・プロデューサーにコトレル、撮影監督ネストール・アルメンドロス、音楽ザ・ピンク・フロイド。ローザンジュ社異色のロック映画となる。

1978年INA(フランス国立音響映像研究所)とローザンジュ社とが共同製作したドキュメンタリーフィルム『ココ、言葉を話すゴリラ Koko, le gorille qui parle』を監督。シュローデルは1970年代に4本の長編映画を演出するがいずれも撮影監督はアルメンドロス。

1987年メナヘム・ゴーラン監督率いるイスラエル系企業ザ・キャノン・グループが、ミッキー・ロークフェイ・ダナウェイが主演するアメリカ映画『バーフライ』の監督にシュレデールを抜擢、ハリウッド・デビューする。プロデューサーはシュローデル自身とフランシス・フォード・コッポラ。以降、日本では英語読みのバーベット・シュローダーとして知られるようになる。

プロデュース作品[編集]

  • パリところどころ Paris vu par... (1965)
  • 愛の昼下がり L'Amour l'après-midi (1972)
  • セリーヌとジュリーは舟でゆく Céline et Julie vont en bateau (1974)
  • O侯爵夫人 Die Marquise von O... (1976)
  • 悪夢の破片 Shattered Image (1998)

監督作品[編集]

出演作品[編集]

[編集]

  1. ^ a b 仏語版Wikipedia Barbet Schroederの項の記述より。

外部リンク[編集]