サイーダ・ギャレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サイーダ・ギャレットSiedah Garrett1960年6月24日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア生まれの女性歌手シンガーソングライターである。

概要[編集]

クインシー・ジョーンズの秘蔵っ子であり、1980年代前半には Plush というグループに所属。マイケル・ジャクソンが1987年のアルバム『バッド』からの先行シングル『キャント・ストップ・ラヴィング・ユー』のデュエット相手としてバーブラ・ストライサンドホイットニー・ヒューストンアレサ・フランクリンアグネッタ・フォルツコグ(元ABBA)に依頼したが次々に断られ、サイーダと組む事になった。またサイーダは『マン・イン・ザ・ミラー』でもジャクソンと共演している。

その後クインシー・ジョーンズのレコード会社であるQwest Recordsからソロデビューするも成功せず、主に裏方としてキャリアを重ねることになった。1989年リリースのクインシー・ジョーンズのアルバム『Back on the Block』にリードボーカル・バックボーカル・作曲等で参加。同作品は第33回グラミー賞のアルバム・オブ・ザ・イヤー等を受賞した。

そして1992年から1993年までマイケルジャクソンの『Dangerous World Tour』でただ1人の女性ボーカリストになっていた。

1990年代後半にはイギリスのアシッド・ジャズ系バンドザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズにヴォーカルとして加入し、いくつかのシングルヒットを飛ばした。しかし、アルバム「シェルター」1枚きりでバンドを脱退している。

マドンナの『トゥルー・ブルー』(1986年)などでもバックコーラスを担当している他、2004年のワールドツアーに参加。その模様がライブドキュメンタリー作品『I'm Going to Tell You a Secret』に収められている。

2006年公開の映画『ドリームガールズ』でジェニファー・ハドソンが歌った楽曲『Love You I Do』の作曲者の1人として、2008年の第50回グラミー賞の Best Song Written for a Motion Picture, Television or Other Visual Media を受賞した。アカデミー賞のオリジナル楽曲部門にも2度ノミネートされている(2007年に上述の『Love You I Do』、2012年に『ブルー 初めての空へ』の『Real in Rio』)。

アルバム[編集]

  • Kiss of Life (1988)
  • Siedah (2003)

関連項目[編集]