帰ってほしいの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
帰ってほしいの
ジャクソン5シングル
収録アルバム 帰ってほしいの
B面 フーズ・ラヴィン・ユー
リリース 1969年10月
録音 1969年
ジャンル ソウルポップス
レーベル モータウン
作詞・作曲 ザ・コーポレーション
プロデュース ザ・コーポレーション
チャート最高順位
ジャクソン5 シングル 年表
We Don't Have To Be Over 21 (to Fall in Love)
(1968年)
帰ってほしいの
(1969年)
ABC
(1970年)
テンプレートを表示

帰ってほしいの」(原題:I Want You Back)は、ジャクソン51969年に発表したシングル曲。モータウンとの契約後としては初のシングルで、グループのメジャー・デビュー作に当たる。

解説[編集]

作詞・作曲・編曲・プロデュースでクレジットされているザ・コーポレーションは、モータウンの創立者ベリー・ゴーディ・ジュニアを中心に、ディーク・リチャーズフレディー・ペレン、フォンス・マイゼルを加えたチームである。当初は「I Wanna Be Free」というタイトルだった[2]。リード・ボーカルは、録音当時10歳だったマイケル・ジャクソンが担当。

1969年にシングルとして発表されると、翌1970年には、Billboard Hot 100と『ビルボード』誌のR&Bチャートの両方で1位を獲得した[3]。ジャクソン5は、本作から4作連続で、Billboard Hot 100とR&Bチャートの両方のトップに達することとなる。

1999年、「帰ってほしいの」はグラミーの殿堂入りを果たした[4]。アメリカのPitchfork Mediaが2006年に選出した「1960年代の最も偉大な200曲」では2位に達した[5]

サウンドトラックでの使用例[編集]

カヴァー、サンプリング[編集]

(曲のタイトルをFolder時代のカヴァー時のタイトル「I WANT YOU BACK」と同じ標記にしているが実際は原曲にてカヴァー)

脚注[編集]

関連項目[編集]

先代:
B・J・トーマス雨にぬれても
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1970年1月31日
次代:
ショッキング・ブルーヴィーナス