ワイアンドット郡 (オハイオ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オハイオ州ワイアンドット郡
Wyandot County Ohio Courthouse.JPG
アッパーサンダスキー市にあるワイアンドット郡庁舎
ワイアンドット郡の位置を示したオハイオ州の地図
郡のオハイオ州内の位置
オハイオ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1845年[1]
郡名の由来 ワイアンドット族インディアンの言葉
郡庁所在地 アッパーサンダスキー
最大都市 アッパーサンダスキー
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,056 km2 (407.55 mi2)
1,054 km2 (406.86 mi2)
2 km2 (0.69 mi2), 0.17%
人口
 - (2010年)
 - 密度

22,615人
21人/km2 (55.6人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.co.wyandot.oh.us

ワイアンドット郡: Wyandot County)は、アメリカ合衆国オハイオ州の北部に位置するである。2010年国勢調査での人口は22,615人であり、2000年の22,908人から1.3%減少した[2]郡庁所在地アッパーサンダスキー市(人口6,596人[3])であり、同郡で人口最大の都市でもある。

郡名はワイアンドット族インディアンの言葉から採られており、「平原の周辺」や「半島の住人」など様々に訳されている。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は407.55平方マイル (1,055.5 km2)であり、このうち陸地406.86平方マイル (1,053.8 km2)、水域は0.69平方マイル (1.8 km2)で水域率は0.17%である[4]

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1850 11,194
1860 15,596 39.3%
1870 18,553 19.0%
1880 22,395 20.7%
1890 21,722 −3.0%
1900 21,125 −2.7%
1910 20,760 −1.7%
1920 19,481 −6.2%
1930 19,036 −2.3%
1940 19,218 1.0%
1950 19,785 3.0%
1960 21,648 9.4%
1970 21,826 0.8%
1980 22,651 3.8%
1990 22,254 −1.8%
2000 22,908 2.9%
2010 22,615 −1.3%
[5]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 22,908人
  • 世帯数: 8,882 世帯
  • 家族数: 6,270 家族
  • 人口密度: 22人/km2(56人/mi2
  • 住居数: 9,324軒
  • 住居密度: 9軒/km2(23軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • ドイツ系:45.6%
  • アメリカ人:19.5%
  • イギリス系:7.0%
  • アイルランド系:6.9%

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 25.8%
  • 18-24歳: 8.2%
  • 25-44歳: 27.9%
  • 45-64歳: 22.7%
  • 65歳以上: 15.4%
  • 年齢の中央値: 37歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 95.1
    • 18歳以上: 92.5

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 33.1%
  • 結婚・同居している夫婦: 57.9%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 9.2%
  • 非家族世帯: 29.4%
  • 単身世帯: 25.4%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.7%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.53人
    • 家族: 3.03人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 38,839米ドル
    • 家族: 45,173米ドル
    • 性別
      • 男性: 31,716米ドル
      • 女性: 22,395米ドル
  • 人口1人あたり収入: 17,170米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 5.5%
    • 対家族数: 3.8%
    • 18歳未満: 5.2%
    • 65歳以上: 5.1%

郡政府と政治[編集]

ワイアンドット郡はオハイオ州議会下院に元郡監査官だったジェフ・マクレーンを、上院にはデイブ・バークを送り出している。マクレーンは第82選挙区の選出議員であり、この区にはクロウフォード郡全体とマリオン郡北部が含まれている。2008年11月の選挙で初当選してから現職である。バークは上院第26選挙区の選出議員であり、この区には北部8郡が含まれている。2011年7月から現職である。

郡政は3人の郡政委員が様々な郡の部門を監督している[6]

ワイアンドット郡図

郡区[編集]

ワイアンドット郡は下記13の郡区に分割されている。

  • アントリム
  • クレーン
  • クロウフォード
  • イーデン
  • ジャクソン
  • マーセイルズ
  • ミフリン
  • ピット
  • リッチランド
  • リッジ
  • セイラム
  • シカモア
  • ティモクテー

都市と町[編集]

[編集]

  • キャリー
  • フォレスト
  • ハープスター
  • カービー
  • マーセイルズ
  • ネバダ
  • シカモア
  • ワートン

未編入の町[編集]

  • ベルバーノン
  • ブラウンズタウン
  • クロウフォード
  • デューンカット
  • イーデンビル
  • リトルサンダスキー
  • ラベル
  • マカッチェンビル
  • メキシコ
  • シール
  • スミスビル
  • ワイアンドット

再生可能エネルギー [編集]

オハイオ州でも最大規模の太陽エネルギー発電所は、ワイアンドット郡空港に隣接した80エーカー (320,000 m2) の敷地にある。159,000枚のソーラーパネルがあり、12メガワットの発電能力がある。2010年8月19日に、テッド・ストリックランド州知事の手で除幕された[7][8]。製作はPSEGエナジーが行った[9]

脚注[編集]

  1. ^ Ohio County Profiles: Wyandot County (PDF)”. Ohio Department of Development. 2007年4月28日閲覧。
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Wyandot County - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Quickfacts.census.gov - Upper Sandusky, Ohio - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  5. ^ http://quickfacts.census.gov/qfd/states/39/39175.html
  6. ^ “Elected Officials”. Wyandot County Courthouse Web Portal. http://www.co.wyandot.oh.us/electedof.php 2012年10月15日閲覧。 
  7. ^ Ohio's Largest Solar Farm, solardaily.com, 24 August 2010, accessed 2 September 2010
  8. ^ Officials hail big solar farm, Jim Maurer, "The Courier" (Findlay, Ohio), 20 August 2010, accessed 2 September 2010
  9. ^ PSEG Wyandot, PSEG.com, accessed 2 September 2010

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度51分 西経83度18分 / 北緯40.85度 西経83.30度 / 40.85; -83.30