未来は今

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
未来は今
The Hudsucker Proxy
監督 ジョエル・コーエン
脚本 イーサン・コーエン
ジョエル・コーエン
サム・ライミ
製作 イーサン・コーエン
製作総指揮 エリック・フェルナー
ティム・ビーヴァン
出演者 ティム・ロビンス
ジェニファー・ジェイソン・リー
ポール・ニューマン
音楽 カーター・バーウェル
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 トム・ノーブル
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ
シルバー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 シネセゾン/アスミック
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年3月11日
日本の旗 1995年1月14日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $2,816,518[1]
テンプレートを表示

未来は今』(原題: The Hudsucker Proxy)は、1994年に公開されたアメリカ映画コーエン兄弟製作のコメディ映画

概要[編集]

コーエン兄弟が製作した五作目の映画である。映画の脚本は、コーエン兄弟と彼らの師匠筋にあたるサム・ライミ1984年頃から共同で執筆を開始していたものである。脚本は1991年に完成し、かねてよりコーエン兄弟の実力を高く評価していた映画プロデューサーのジョエル・シルバーが全面的にバックアップすることで映画製作が開始された[2]。ライミは脚本のみならず、映画の第二班監督担当やカメオ出演と言う形で作品に貢献した。メインキャストにティム・ロビンスポール・ニューマンといった一流のハリウッドスターを迎え、2500万ドルとも4000万ドルとも言われる巨額の制作費[2][1]を掛けた、当時のコーエン兄弟にとって最大の大作映画となった。

映画は1994年3月11日に北米で公開され、アメリカ国内で約280万ドルの興行収入を挙げた[1]。興行的には稀に見る惨敗であり、また批評家たちからの評価もこれまでのコーエン兄弟が制作してきた映画に比べて芳しくないものだった。配給を担当したワーナー・ブラザーズとコーエン兄弟の間に、映画製作を巡って意見の対立が有ったとも言われている。

同年のカンヌ国際映画祭パルム・ドールの候補になったが、クエンティン・タランティーノ監督の『パルプ・フィクション』に敗れ受賞は出来なかった。

ストーリー[編集]

物語の舞台は1958年アメリカ合衆国。大学を卒業したばかりのノーヴィル・バーンズは、ニューヨークに出て職探しに励む。経験の無さからなかなか仕事が見つからなかったが、ようやくハッドサッカー社の郵便室に職を得た。

一方、ハッドサッカー社の社長ウェアリング・ハッドサッカーは、何を思ったのか会議中に重役室の窓から身投げをしてしまう。取締役シドニー・J・マスバーガーはこれを好機と見て会社の買収に動き出す。会社の株価を下げるため間抜けを社長に据える必要の出たマスバーガー。そんな彼が新社長に選んだのは、青二才のノーヴィルだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替1 日本語吹替2
ノーヴィル・バーンズ ティム・ロビンス 宮本充 堀内賢雄
エイミー・アーチャー ジェニファー・ジェイソン・リー 勝生真沙子 玉川紗己子
シドニー・J・マスバーガー ポール・ニューマン 樋浦勉 小林勝彦
ウェアリング・ハッドサッカー チャールズ・ダーニング 飯塚昭三 北川勝博
チーフ ジョン・マホーニー 谷口節 稲葉実
バズ ジム・トゥルー=フロスト 平田広明 落合弘治
モーゼス ビル・コッブス 清川元夢 藤本譲
スミティ ブルース・キャンベル 金尾哲夫
ベニー ジョン・サイツ
ルー ジョー・グリファシ
ヴィク・テネッタ ピーター・ギャラガー
バーマン スティーヴ・ブシェミ 高宮俊介 竹田雅則
ザザ アンナ・ニコル・スミス 雨蘭咲木子
アナウンサー ジョン・グッドマン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d The Hudsucker Proxy (1994)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月6日閲覧。
  2. ^ a b Carolyn R. Russell (2001). The Films of Joel and Ethan Coen. Jefferson: McFarland & Company, Inc., Publishers, 142. ISBN 0-7864-0973-8.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]