ジョニー・ウィルキンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョニー・ウィルキンソン OBE
Jonny Wilkinson Twickenham cropped.jpg
個人情報
フルネーム Jonathan Peter Wilkinson
誕生日 1979年5月25日(35歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドサリー州
身長 1.78 m (5 ft 10 in)
体重 88 kg (190 lb)
学校 Lord Wandsworth College
職業 ラグビー選手
ラグビーユニオン経歴
選手としての経歴
ポジション Fly-half, Inside Centre
アマチュアクラブ
クラブ / チーム
Farnham
プロ / シニアクラブ
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
1997–2009
2009–
ニューカッスル・ファルコンズ
RCトゥーロネ
158
18
(1,938)
(212)
最終更新:26 June 2010 (UTC).
国代表チーム
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
1998–
2001–2005
イングランドの旗 イングランド
ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ
80 [1]
6
(1,111)
(67)
最終更新:22 October 2010.

ジョニー・ウィルキンソンJonny Wilkinson)、本名ジョナサン・ピーター・ウィルキンソンJonathan Peter Wilkinson OBE1979年5月25日 - )は、イングランドのラグビー選手。元イングランド代表スタンドオフ(フライハーフ)。サリーフリムリー出身。身長178cm、体重88kg。2014年5月31日の試合を最後に引退。

歴代最多のワールドカップ通算249得点(1トライ23コンバージョン53ペナルティゴール13ドロップゴール)を記録するなど、2000年代のラグビー界を代表するスター選手だった。引退試合でも活躍し、所属チームのRCトゥーロンをフランス・チャンピオンに導いた。

来歴[編集]

少年時代からラグビーのイングランド代表になることを夢見ており、ラグビーのみならず、テニスクリケットバスケットボールなど多くのスポーツに親しむ。学業にも優れ、高校卒業後はダラム大学に進学。しかし、ニューカッスル・ファルコンズへの入団が決まったため、1997年に退学した。

1998年4月4日、弱冠18歳にしてイングランド代表デビュー。翌1999年にはラグビーワールドカップに出場。2000年シックス・ネイションズでは主力としてプレーし、同年と2001年のイングランドの連覇に貢献した。

2003年ワールドカップでは大会を通じて大車輪の活躍をみせた。準決勝のフランス戦では自身のキックだけで23点を記録し、28対17での勝利の立役者となる。オーストラリアとの対戦となった決勝では延長残り30秒からドロップゴールを決め、チームを優勝に導いた。この大会ではドロップゴールやペナルティゴールなどキックのみで113点をたたき出し、トライを獲らずに得点王に輝いた。また、イングランドの得点の8割がウィルキンソンのキックから生まれたものであった。

2004年には代表での活躍により大英帝国勲章を授けられ、ローレンス・ダラーリオに代わる代表の新キャプテンに指名された。しかし、肩、腕、膝など相次ぐ故障に苦しみ、試合から遠ざかる。2005年にはニューカッスルの一員として来日したが、怪我のため欠場。2006年のシックスネイションズでは全5試合に出場したが、彼のコンディションについては懐疑的な声も寄せられた。

2007年のシックスネイションズにおけるスコットランド代表戦では27点を記録(内訳は1トライ、2ゴール、5ペナルティゴール、1ドロップゴール)し、42対20での勝利に貢献し、復活を印象づける。続くイタリア戦では15点を挙げ、シックスネイションズでの通算得点を歴代最多となる421点に伸ばした。

直前まで怪我に苦しみながらも、同年のワールドカップでも代表入り。最初の2試合こそ欠場したが、オーストラリアとの準々決勝ではチームの総得点となる12点を挙げ、試合に勝利すると同時に通算231点でワールドカップの最多得点記録保持者となった。準決勝のフランス戦では追い詰められた状況から40メートルのドロップゴールを沈め、14対9での勝利を演出。南アフリカとの決勝戦には敗れたが、その活躍は不振のイングランドを蘇生させたと讃えられた[2]

2011年12月、自身のウェブサイトで国際試合からの引退を発表した[3]

2014年5月31日の引退試合はフランスのTOP 14決勝戦だった。トゥーロン(Rugby Club Toulonnais)は、前年の決勝戦では苦杯を舐めさせられたカストル(Castres Olympique)を18-10で下したが、キャプテンのウィルキンソンは15ポイントを得点するなど大活躍し、試合後、サンドニの競技場にはファンによるイギリス国歌の歌声が流れた。外国の国歌を歌うというのは異例だが、サー・ジョニー・ウィルキンソンに親愛と敬意を表してのことだった。 なお、RCトゥーロンはすでに5月24日にカディフを23-6で下し欧州杯(ハイネケンカップ)二連覇を決めている。

人物[編集]

キック前に精神統一を図るウィルキンソン

左利きながら両足とも正確無比のキックの技術を誇る。プレースキックを蹴る前には両手を組み精神集中を図ることが多い。キックが注目されがちだが、激しいタックルも持ち味。

甘いマスクでイギリスではベッカムと並んで人気のあるスポーツ選手。通称「ラグビー界のベッカム」。本家ベッカムとはアディダスのCMで共演し、サッカーボールでのフリーキックやラグビーボールでの華麗なリフティングを披露している。

2013年10月28日に、トゥーロン近郊のバンドル市役所において、8年来同棲しているシェリー・ジェンキンス嬢と結婚。式はごく内輪なものだった。

出典[編集]


外部リンク[編集]