シネプレックス・オデオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シネプレックス・オデオン・コーポレーション
Cineplex Odeon Corporation
種類 株式会社
本社所在地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州トロント
設立 1979年4月19日
業種 サービス業
事業内容 映画興行
代表者 エリス・ジャコブ(CEO)
従業員数 3,810 (2008)[1]
関係する人物 ガース・ドラビンスキー(創業者)
ナット・テイラー(創業者)
外部リンク http://www.cineplex.com/
テンプレートを表示

シネプレックス・オデオン・コーポレーション (Cineplex Odeon Corporation) は、北米最大級の映画興行会社の1つであり、カナダとアメリカを拠点としていた。シネプレックス・オデオンの劇場はカナダでは現在シネプレックス・エンターテインメントによって運営されており、アメリカではAMCシアターズになっている[2]

シネプレックスは1979年4月19日にガース・ドラビンスキーとナット・テイラーにより設立され、カナダオンタリオ州トロントのトロント・イートン・センターに最初のシネマコンプレックスを開業した。

1984年、シネプレックスはイギリス法人オデオン・シネマズの一部署であるカナディアン・オデオン・シネマズと同社がカナダで運営する劇場を買収し、シネプレックス・オデオンになった。映画配給会社のシネプレックス・オデオン・フィルムに加え家庭用ビデオ販売のシネプレックス・オデオン・ホーム・ビデオ(後のシネプレックス・オデオン・ビデオ)が数年後に設立されたが、映画配給は1997年に撤退し、家庭用ビデオ販売もその1年後に終了した。

1998年5月、シネプレックス・オデオンの映画館はニューヨークを拠点とするロウズ・シアター(1904年、マーカス・ロウが設立)と統合し、ロウズ・シネプレックス・エンターテインメントになった。それから数年以内に、オネックス社はアメリカの部門を売却。カナダの運営は残し、シネプレックス・ギャラクシーLPとした。ワシントン州バーリントンの映画館はオリジナルの看板が残る劇場の1つである。

2005年7月、シネプレックス・ギャラクシーLPはカナダ最大の競合企業であったフェイマス・プレイヤーをバイアコムから買収し、カナダ最大の映画興行チェーンとなった。以降、同社はシネプレックス・エンターテインメントLPに社名変更している。

また、AMCシアターズグレータートロント周辺にシネプレックス・シアターズのブランドでも劇場を展開している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]